アドちゃんねる

広告に関係する記事を多くまとめた2ちゃんねるまとめサイト。ネット広告からウェブデザイン、アフィリエイトやまとめブログまであらゆるネタをピックアップして紹介!

歴史

1 :名無しさん@おーぷん
文民では
ヒャルマー・シャハト
ヨーゼフ・ゲッベルス
アルベルト・シュペーア

軍人では
エーリッヒ・フォン・マンシュタイン
ハインツ・グデーリアン
エルヴィン・ロンメル
ヴァルター・モーデル
ゲルト・フォン・ルントシュテット
オットー・スコルツェニー
ミハエル・ヴィットマン
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

パッと思いつくだけでこれや
2 :名無しさん@おーぷん
ドイツ人の名前って、無駄にかっこええな
3 :名無しさん@おーぷん
最近ロンメルは再評価来てるぞ
4 :名無しさん@おーぷん
まあナチスに限ったもんやないけどドイツは人材が優秀なイメージが大きい
なお最後の皇帝
6 :名無しさん@おーぷん
>>4
退位のいざこざ除けば凡君止まりだからセーフ
5 :名無しさん@おーぷん
アメリカはどうなん?
7 :名無しさん@おーぷん
パットン将軍は最期が残念だった
8 :名無しさん@おーぷん
アメリカにも色々と優秀な人材はおるけどそれ以上の強みが物量と合理的な行動理念というイメージやな
9 :名無しさん@おーぷん
ユンカーという支配層がおったからな
なお皇帝を追放した結果謎の学歴コンプのちょび髭平民に乗っ取られてめちゃくちゃにされた模様
15 :名無しさん@おーぷん
>>9
よく「ヒトラーが美大に受かっても第二第三のヒトラーが出てくるだけ」とは言うけれどもしかしたらもっと優秀な奴が元首になっとったんかもしれんな…
11 :名無しさん@おーぷん
ロンメルが生き残っとったらどうしてたんやろなあ…
14 :名無しさん@おーぷん
>>11
ヒトラー「連合軍はノルマンディーから来るで」
ロンメル「絶対ありえん!カレーから来るわ!軍のことに口挟むな!」
↓(ノルマンディー上陸作戦後)
ロンメル「ワイは大馬鹿者や」
20 :名無しさん@おーぷん
人材は居るか居ないかではなく権限のある地位に付けるかどうかで決まる
マンシュタインもグデーリアンもロンメルもヒトラーが居なかったらその地位に
付けなかったと言われてる、やはり最高の人材は総統だったのよ
32 :名無しさん@おーぷん
>>20
人を見る目は凄いと思う
あとは対戦の中で衰えてしまったのと信頼し切れずに口出してしまったのがアカンかったんやろか?
21 :名無しさん@おーぷん
モルヒネデブさんは獄中自殺したところを見ると
自分は死刑にならないと思っとったんやろうな
33 :名無しさん@おーぷん
>>21
いや最初から自殺する気やったやろ
銃殺刑が認められなかった云々は方便やと思っとる
22 :名無しさん@おーぷん
モルヒネデブは終戦後の裁判でモルヒネ断アンドダイエットした(強制的に)結果、昔の明晰さが戻ったらしいけどホンマなんかな

大戦中はマスコットやし残当
23 :名無しさん@おーぷん
>>22
ニュルンベルク裁判見る限りガチの有能
27 :名無しさん@おーぷん
ワイが知らんだけかもしれんが他の国こうまで優秀な人材は思いつかない

多分ワイが知らんだけやけど
28 :名無しさん@おーぷん
ドイツって空軍に関しては設計も含めてだいぶ過大評価されてると思う
バトルオブブリテンに勝てんかったのが現実
31 :名無しさん@おーぷん
>>28
空襲目標を変えた奴が悪い
29 :名無しさん@おーぷん
個の力に頼らざるを得ないだけや
物量では敵わんからな
30 :名無しさん@おーぷん
アメリカは工業力がすごすぎて個人は霞むわな
34 :名無しさん@おーぷん
もしゲーリングがモルヒネ中毒にならんかったら…
35 :名無しさん@おーぷん
hoiやってると優秀な企業も多いなって
37 :名無しさん@おーぷん
>>35
IG・ファルベン好き(hoi2脳)
36 :名無しさん@おーぷん
ドイツ人オンリーじゃないところがすごいわ
38 :名無しさん@おーぷん
まあ多分国家の特性上英雄を宣伝する必要があるからな…
とも思ったで
39 :名無しさん@おーぷん
実は米英に暗号解読されてた哀しきピエロ達
40 :名無しさん@おーぷん
>>39
帝国海軍の悪口はやめろ
42 :名無しさん@おーぷん
>>40
彡(^)(^)「方言で喋ったろ!」
44 :名無しさん@おーぷん
>>42
鹿児島弁に自身ニキ
41 :名無しさん@おーぷん
ワイ的にはハイドリヒがプラハで暗殺されなかったらどうなってたか気になる
戦後まで生き残っても死刑コースだけど
45 :名無しさん@おーぷん
>>41
負の方面で優秀な人材も多いんだよなあ…
ハイドリヒが終戦直前のドイツに関わっとったらもっと惨いことになってそう
43 :名無しさん@おーぷん
シャハトだけでお釣が来るんだよなぁ
てかデーニッツ入ってないやん
48 :名無しさん@おーぷん
>>43
デーニッツくん忘れてたで…
何気にヒトラーの死後、臨時で総統になってるあたり凄いと思う(小並)
49 :名無しさん@おーぷん
>>48
デーニッツ「押し付けられたせいでワイの輝かしい軍歴が台無しや!」
50 :名無しさん@おーぷん
>>49
そういやそう言ってたわ…
すまんなデーニッツくん
51 :名無しさん@おーぷん
エルヴィン・ロンメルとかいうチートを殺した美大落ちの罪は重い
53 :名無しさん@おーぷん
>>51
最近ただの名将止まりになってるぞ
57 :名無しさん@おーぷん
>>53
イタリアがもう少し骨のある戦いをすれば申し分が無かったやないか?
まあ兵站軽視はNG(祖国を見つつ)
59 :名無しさん@おーぷん
>>57
誰のことやろなぁ…

60 :名無しさん@おーぷん
>>59
申し訳ないが水牛はNG
52 :名無しさん@おーぷん
デーニッツって総統やってたんか
潜水艦のおじさんよな?
54 :名無しさん@おーぷん
>>52
確かヒトラーの死後に後継者として指名されて(ほぼ押し付け)られたんや無かったっけ?
55 :名無しさん@おーぷん
>>52
総統ではなく大統領やで
56 :名無しさん@おーぷん
ヒトラーの死で総統職は廃止されたんで大統領やで
根っからの反共主義者で数多くの戦争犯罪を命令した人やね
63 :名無しさん@おーぷん
なお島国の癖に海上の輸送を軽視してた海軍が居るらしい
65 :名無しさん@おーぷん
>>63

「輜重(しちょう)輸卒が兵隊ならば,蝶々,トンボも鳥のうち」だから陸軍もそんなに重視してなかったぞ
66 :名無しさん@おーぷん
中将が敵前逃亡した国があったり
演習中に中将が殉職する国があったり
方面軍司令官の大将が戦死する国があったり
67 :名無しさん@おーぷん
「小さな独裁者」っていう実話をもとにした映画あるんやけどおもろいで
末期の一般ドイツ兵が偶然大尉の制服を手に入れて
大尉のフリして敗残兵を組織し自分の部隊を作ってしまうんや
68 :名無しさん@おーぷん
このような慌ただしい退却の中で、イタリア軍隊の大半が自ら助かるすべもなかったのは極めて悲惨な出来事であった。というのは、車という車はすべてドイツ軍が没収したからだった。この悲劇について、後日、イタリアのある将校は次のように語っていた。
「ドイツ兵はイタリア軍の車両をも奪い、勇敢に戦ってきたイタリア兵士を砂漠の真っただ中にほうり出して逃げたのであった。哀れなイタリア兵たちは、敵の猛攻撃や物資欠乏のため犠牲にされたばかりでなく、同盟国軍隊の盟友精神反逆という非道な仕打ちの犠牲となったのである。」
『ムッソリーニの戦い』P248
73 :名無しさん@おーぷん
>>68
”勇敢に戦ってきたイタリア兵士・・・・”
この時点でもう証言として信用できないな
そもそもアフリカ戦そのものがイタリアの戦いでドイツは助っ人って立場だろうが
69 :名無しさん@おーぷん
イタリア兵は東部戦線でもドイツ軍にひどい目にあわされましたね…
70 :名無しさん@おーぷん
イタリア兵を最も痛めつけたのは無能な上官という説
71 :名無しさん@おーぷん
国を真っ二つにしたのもヒトラーが強制的に北部に国つくったせいやし
本当にろくな目にあってないなイタリア

1 :名無しさん@おーぷん
農耕民族やぞアホンダラが
3 :名無しさん@おーぷん
武士道は宗教やで
農耕は生活の糧や
5 :名無しさん@おーぷん
確かに武士道どんなんか知らへんしな
教えてもくれんし
6 :名無しさん@おーぷん
騎士道精神「ほんまや」
紳士の国「禿同」
7 :名無しさん@おーぷん
国民の大半は農民で
その根性は多分今も変わっていないんや
8 :名無しさん@おーぷん
ワイなりに考えたガバガバ理論展開してもええか?
10 :名無しさん@おーぷん
>>8
大体予想できる
昔それ系テンプレ流行ったし
12 :名無しさん@おーぷん
>>10
そうなんか
じゃあ目新しいものがあるかどうか評価してくれや
なかったら思いっきり罵倒してくれ
9 :名無しさん@おーぷん
毎年3万人くらい武士道を見つけとるやろ
11 :名無しさん@おーぷん
ワイ剣道経験者、子供のころから武士道が当たり前すぎて違和感を持てない。
13 :名無しさん@おーぷん
まず日本人はご存知の通り武士以外の方が圧倒的多数やったわけや
百姓や職人・商売人だって優れた美徳を持ってたはず
思想を文献で残しやすかったのが武士やっただけやから
それを日本人全体の規範みたいに扱うのはおかしい
14 :名無しさん@おーぷん
前述の通り全人口の一握りしかいない武士(基本的に畜生揃い)の中で
一握りだけ歴史に名の残す武士がいて
そのまた一握りだけ模範になるような人格者がいた
つまり武士道を体現していた人間なんてごくごく僅かなんや
15 :名無しさん@おーぷん
それを踏まえると武士道なんてのは
ほとんどの人間にとっては実現不可能な理想のようなもの
大半が実行できないからこそお前らも見習えって意味で規範として広められたんや
誰でも当たり前に出来ることならそんな扱いにはならない

つまり日本人は武士道なんて最初から持ってなかったんや!
16 :名無しさん@おーぷん
終わりやで(小声)
17 :名無しさん@おーぷん
それ立派な生き方を説くもの全般に言えるような
20 :名無しさん@おーぷん
>>17
他にどんなのがあるやろ
日本人の基礎として位置付けられてるような概念
33 :名無しさん@おーぷん
>>20
日本人に限らず紳士の国は紳士じゃないし
音楽の都は音楽でもないし仏教の国は言うほど仏教じゃないし
イスラム原理主義の国くらいじゃないんかね
34 :名無しさん@おーぷん
>>33
確かにほっといても紳士やったら紳士たれとか言わんわな
それと同じことや
37 :名無しさん@おーぷん
>>34
卑怯者が多かったから騎士道が出来て
インモラルな国だから儒教ができた
へたれが多かったから武士道ができた
40 :名無しさん@おーぷん
>>37
まあ持ってないからこそ目指すことは有意義やな
大事にせなアカン部分かも知れん
ちょっと言いすぎたわ
21 :名無しさん@おーぷん
武士道とか言ってしまえば先に作ったもん勝ちのマナー講座みたいなもんやんけ
28 :名無しさん@おーぷん
>>21
実現できてた奴はそれなりに立派やったんやと思うで
少なくとも表面上は
29 :名無しさん@おーぷん
>>21
今でいう社畜の心得みたいな感じ
23 :名無しさん@おーぷん
儒学
儒教でなく学問であることが面白いというか
24 :名無しさん@おーぷん
>>23
ただそれもほとんど武士に吸収されているところあるからなあ
25 :名無しさん@おーぷん
実はヨーロッパも農耕民族やで…
26 :名無しさん@おーぷん
武士道は恥の文化
仏教は悟りの文化
合わせて、恥かいたから死のう文化
27 :名無しさん@おーぷん
>>26
すき
30 :名無しさん@おーぷん
一応農民の美徳も文献に残ってるけどな
31 :名無しさん@おーぷん
仏教の詳しい教えが農民や武士に浸透していたかというと
かなり微妙やろうし
32 :名無しさん@おーぷん
武士としてどう生きるべきかの指南書としては
大変面白い
>葉隠

でも、世にでたのは江戸中期
35 :名無しさん@おーぷん
>>32
死ぬ気になれば何でも出来るし
出来ずに死んでも恥じゃない
という本よな
武士の精神ついていけない
38 :名無しさん@おーぷん
>>32
全く読んだことないけどどんな内容なんや?
なんで江戸時代に登場したのかも気になる
たるんでたから引き締めたかったんかな
43 :名無しさん@おーぷん
武士道が影響してるのか分からんけど、海外から見ると日本は「苦しみの美学」らしいで
努力すること、苦労すること、長く続けること、辛い経験をすること
これらは無条件に尊いものという感覚の日本人が多い気がする
46 :名無しさん@おーぷん
>>43
忠義と我慢はかなり優先されてるな
こういう思想はどこから来たんやろ
国内で争うより一丸となる機会が大きかったからやろか
48 :名無しさん@おーぷん
>>46
徳川幕府や大名が部下の武士達が社畜になるための洗脳マニュアルやで
53 :名無しさん@おーぷん
>>48
まあ肝心なのは国を安定させることやったんかな
安定のために規律があって規律を守れる奴が評価されるみたいな
47 :名無しさん@おーぷん
>>43
つっても考えたらそこから得るもん結構多いしなってなるんやないかな
言うほど無条件では無いような気が
辛いからってホイホイやめてたら何にもなれないでっていうとこやない
54 :名無しさん@おーぷん
>>47
ワイも悪いこととは思わんで
努力することも続けることも大事やとは思う
でも楽して同じ結果得られる場合は楽しようぜっていう考えがなかなか通りにくいと感じる
日本の生産性が低いのはその辺の影響なんかなぁと思う
57 :名無しさん@おーぷん
>>54
昔は生産性すごくなかった?
精神的な問題か?
59 :名無しさん@おーぷん
>>57
根性と馬力が成果に直結するような仕事やったからとちゃうか
62 :名無しさん@おーぷん
>>59
分からんけどね、でも国民性とか精神論を嫌う人があいまいで抽象的な
ことを問題にしてる時とかあるし、制度やシステムにワイは問題があると思うんやけどなぁ
60 :名無しさん@おーぷん
>>54
体制支持する奴が多いのは当然やし
色々補強されやすいんやろね
結果行き過ぎたり変な方向になってしまう
ここを程よく修正していくのが知識階級の役割なんやろなあ
49 :名無しさん@おーぷん
忠義らへんは儒教というか
ちうごくの思想から来てそう
義の考え方とかそういうの
50 :名無しさん@おーぷん
自殺を戒める教義があれば完璧やった
51 :名無しさん@おーぷん
>>50
カトリック「だから布教させろって言ったやんか!」
55 :名無しさん@おーぷん
>>51
すくなくともプロテスタントとかは自殺率日本と一緒だぞ
52 :名無しさん@おーぷん
>>50
武士道なんかむしろ自殺推奨気味やな
56 :名無しさん@おーぷん
武士道の本質って覚悟がキマってるかどうかなんやろか
何に発揮するかは別として
58 :名無しさん@おーぷん
>>56
それは仏教と通じるなあ
61 :名無しさん@おーぷん
>>58
せやな
ワイが知ってるだけでも仏教や西洋哲学に似たようなのがある
66 :名無しさん@おーぷん
西洋化される前の日本人は少なからず武士道を持ってたんか?
今はもう本くらいでしか触れる機会がないと思うが

1 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:23:26 ID:pfm
全然違って草
この後すぐ王政に戻ってるやんけ
2 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:23:59 ID:l2e
ルイの血が途絶えただけ
3 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:24:21 ID:pfm
>>2
王政復古したときルイの生き残りが連れて来られてるやんけ
4 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:25:43 ID:pfm
ロベスピエール一派の粛清によって革命は転換点を迎えた。過激な革命運動は沈静化し、ブルジョアジー勢力が復権する。
1795年10月26日、国民公会が解散されて総裁政府が成立したが、フランソワ・ノエル・バブーフによる陰謀が持ち上がるなど体制は不安定であった。
1799年、ブリュメールのクーデターによってナポレオン・ボナパルトが執政政府を樹立した。

革命によって生まれたフランス第一共和政は、ナポレオン独裁による執政政府の開始によって約10年で終わった。
さらに、ナポレオンによるフランス第一帝政を経て、ナポレオンの失脚後にはブルボン王朝が復活した(フランス復古王政)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%9D%A9%E5%91%BD

瞬殺で終わってるやんけ
6 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:27:52 ID:SyN
>>4
そら

トップがクソやから平等の為革命や→もっとヤバいやんけ前の方がマシや
5 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:27:21 ID:hEv
なんでフランス革命って美化されとるんや?人権宣言的なものがあったからかな
7 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:28:15 ID:6fC
ロラン夫人「ああ、正義よ。汝の名の下に一体どれほどの血が流れたのか」
8 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:28:39 ID:l2e
フランス国歌の歌詞がなかなかヤバくて草
15 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:30:29 ID:pfm
>>8
1番、2番と進んでいくたびに殺意の対象が変わってるのは
革命で成立した政権に対しても殺意を向けて次から次に政変を起こすフランスという国をあらわしてるんやで
9 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:29:27 ID:Fo0
ラボアジエなんて処刑直後に復権されとるからなあ
革命の混乱とはいえ死んでから復権してもしゃあないで
10 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:29:30 ID:pfm
民衆「ランバル公妃レイプしてバラバラにして殺して処刑前のマリーアントワネットに見せに行ったろ!」
あのさあ・・・
11 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:29:42 ID:hEv
民衆による民衆のための革命ですらないやろ?革命の本場みたいに言われるのはなあ
日本もフランスを見習えって違うやろうに
13 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:30:09 ID:kIN
フランスって実は世界に冠たる右翼大国やからね
現在も
16 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:30:48 ID:pfm
>>13
左翼なんだよなあ
19 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:33:46 ID:pfm
格差が広がったから革命が起きたんじゃなく、格差が縮んだから革命が起きたんやで
例え民衆が食い詰めてたとしても、それより速いスピードで貴族が弱体化してたから
民衆の力が貴族に追いついて革命が成功したんや
まあ、食い詰めるような連中に国を維持できるわけなく10年で崩壊したんやがな
20 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:35:41 ID:6rr
未だに王党派っておってスペイン国王に熱い視線なんよな
23 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:37:13 ID:ARf
>>20
まあ日本にも華族、士族残っとるしな
日本より確固とした貴族文化がヨーロッパにはあるわね
25 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:37:47 ID:pfm
>>20
やっぱ立憲君主制は共和制よりも安定してると思うわ
合理的ではないが人間集団には王が必要かもしれん
89 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:06:18 ID:vUs
>>25
その話題絶対に出ると思ったけど
王政が倒れて共和制になって、王政側が革命を恐れるようになって
専制から民主制に改革して、立憲君主制に移行した事が大きいんだよ
それがなければ改革自体行われてないから
91 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:07:03 ID:ARf
>>89
啓蒙君主制やっけ?
21 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:36:18 ID:l2e
ベルサイユのばらにて
民衆「王妃ぶっ殺せ!うおおおおおお!」
アントワネット「こんばんはお辞儀するで」
民衆「うおおおおおお!王妃ばんざい!」

この熱い手のひら草生える
24 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:37:47 ID:AG3
フランスイタリアは定期的に何かにキレて革命起こしとるイメージ
躁鬱が激しい
28 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:39:14 ID:kQi
まあ王族の血は青いとか言われてたくらいですしおすし
そんなレベルで民衆を統一しようとしてたんやろ

あと死刑執行人の一族を貴族にするくらいには徹底してたみたいやし
だから死刑執行人の一族は苦しませずに死なせるよう
人体に精通してて医者もやってたとかね
30 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:39:48 ID:l2e
>>28
イノサン読んできたんやな
32 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:40:14 ID:kQi
>>30
せやで
33 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:40:59 ID:MrS
血を流しただけだったよなあ
40 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:44:48 ID:kIN
フランス革命って「資本主義革命」やで?
前近代社会を倒して近代資本主義社会を作ったわけで
中世右翼を近代右翼が倒しただけ
46 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:51:11 ID:pfm
>>40
資本主義を右翼と解釈するのって曲解にもほどがあるやろ
冷戦期の共産党じゃないんやからさ
47 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:51:16 ID:x7H
あんな革命ばっかやって文化受け継げるんやろか?
51 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:53:14 ID:ARf
>>47
ベルサイユ宮殿もフランス宮廷料理も美術絵画も文化は全て残ってる
そこが文革とかとの最大の差やね
54 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:53:47 ID:x7H
>>51
文革はどうなったんや?
62 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:56:13 ID:ARf
>>54
国王→追放
文化遺産→破壊
文化教養人→皆殺し
64 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:56:32 ID:x7H
>>62
何にも残らないやんけ!
48 :■忍法帖【Lv=7,シャドー,ruy】 2019/03/13(水) 22:51:58 ID:tSm
帝政に戻るがドイツにボコられる
49 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:52:43 ID:l2e
王政廃止←わかる
国王殺す←えぇ……

1票差とかほんま泣くわ
52 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:53:21 ID:2nH
>>49
直前まで死刑反対やったのに投票で賛成に入れた奴とかおるからな
53 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:53:38 ID:ty9
結局今のフランスはなにで出来たん
55 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:54:25 ID:pfm
>>53
第二次世界大戦が終わった後に
親ナチス政権だった前の政権が倒れてレジスタンスのオッサンが国を作ったのが今のフランス
61 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:56:02 ID:nYc
>>55
なお戦後の外人部隊はそのドイツ兵からの方が多い
65 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:57:06 ID:2nH
>>61
ディエンビエンフーでは包囲された外人部隊に武装SSおったらしいな
まさかそいつらもアジアの辺境で蛮人と見てた人種にそんなことされるとは思わんかったやろな
66 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:57:22 ID:ty9
>>55
なんだか映画みたいでかっこいいね?
110 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:13:38 ID:pfm
>>66
まあ、フランスが連合国だったことにするために亡命政府を正当な政府だったとする詭弁もやらかしてるんやがな
56 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:54:50 ID:pfm
なお、親ナチス政権のことはフランスでは黒歴史の模様
57 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:55:07 ID:2nH
フランス以外の国はナポレオンの征服のおかげで近代的な法とか封建制廃止等々恩恵を受けられたけど
当のフランスは政情不安から工業化は遅れるわ成人男性が足りなくなるわであかんな
58 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:55:25 ID:pfm
ちなみにそのレジスタンスのオッサンは今でも空母や空港の名前になってるシャルル・ド・ゴールやで
67 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 22:58:19 ID:l2e
ほんまにアントワネットがお辞儀して民衆が治まったんか?
いろいろ説があるけど
74 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:01:32 ID:l2e
ロベスピエールもしっかりとギロチンかかってるのええわ
79 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:02:49 ID:zd5
ナポレオン「いつの間にか軍のポストスッカスカになってるンゴw出世したろ!」
80 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:02:53 ID:2nH
ラザール・カルノーとかいうぐう有能
88 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:05:11 ID:zd5
>>80
軍人と数学家とあとなんだっけ
というかあの時代の数学者凄いの多すぎやろ
90 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:06:20 ID:2nH
>>88
政治家でもあるぞ
96 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:07:59 ID:oqJ
この辺の歴史濃過ぎるやろ 革命からナポレオン失脚まで色々起きてるけど実際は数十年も経ってなくて生き残った奴はその後の七月革命辺りにも関わってたりするという
111 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:13:43 ID:TxI
ルイ17世とかいう世界一悲惨な最期を迎えた王族
115 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:15:14 ID:pfm
>>111
腹ペコクソまみれのまま牢獄に放置された何も悪いことしてない子供やな
113 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:14:38 ID:pfm
神が存在してないと道徳が成り立たない国は厄介やな
116 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:15:29 ID:2nH
>>113
言うて日本も数十年前まではお天道様が見てる精神やったし
122 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:17:41 ID:pfm
>>116
元を辿れば
「天も見ている、地も見ている、君も私も見ているのだから、賄賂は必ず誰かにバレる」
って言う中国の故事成語やなかったっけ
128 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:19:29 ID:Slj
>>122
その考えこそ儒教の根幹やで
日本にも入ってきてる
130 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:21:19 ID:pfm
>>128
儒教って言うほど宗教やろか?
宗教的な儀式も入ってはいるが
133 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:23:27 ID:ihy
>>130
他に例を見ないから判別しづらいけど思想を信仰してる以上宗教やろ
134 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:23:46 ID:oqJ
初期のロべスピエールは議会で死刑や連座制の廃止とかも提案してたらしい なんでああなってしまったのか
139 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:28:49 ID:zd5
???「アカン、ルイ16世の死刑投票に賛成してしまったで。このままでは王党派に殺される…せや!保身のために最強の警察組織を作ったろ!」

こいつが作ったのが今の警察の原型ってイカンでしょ
155 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:32:58 ID:kQi
>>139
死にたくないから規律とかガッチガチにしたんやろなって(ほっこり)
182 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:45:24 ID:pfm
革命って基本的にはクソやろ
革命でいい国になりましたなんか聞いたことないわ
革命なんて起きる時点で国力が衰えてる証拠だわ
184 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:45:57 ID:2nH
>>182
ソ連は工業化に成功したから(震え声)
191 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:47:27 ID:TxI
>>184
計画経済に産業連関表!?うーん、これはノーベル経済学賞w
197 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:48:54 ID:pfm
>>191
ノーベル経済学賞ってノーベル財団関係ないやんけ!
189 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:47:07 ID:i4g
>>182
国民が自分で責任取らなきゃ行けなくなるわけやから
そりゃ良い国になるわけないねん
本質的には良い王が収める専制君主制が良いに決まっとる
199 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:49:32 ID:2yL
ナポレオンが居なければナショナリズムも国家も生まれなかった
やっぱナポレオンって歴史の害悪やわ(白目)
202 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:50:36 ID:2nH
>>199
ナショナリズムや国民国家はナポレオンがまだ無名な頃の革命初期の産物やし
ナポレオンの功績はそれを輸出したことや
212 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:52:35 ID:2yL
>>202
ナショナリズムの輸出とかほらねやっぱ害悪やん(白目)
200 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:49:42 ID:nYc
要はナポさんは戦争は程ほどにして
内政と軍の立て直しに集中すれば歴史に名を残す皇帝だったのか
203 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:50:49 ID:hfl
>>200
英国海軍強すぎだからどちらにせよ無理そう
206 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:51:32 ID:nYc
>>203
英国王室はそない強いのか
213 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:52:55 ID:6rr
>>206
首相の若僧が手強いんやね
223 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:54:17 ID:nYc
>>213
ほげ~
216 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:53:31 ID:zd5
>>203
ナポレオンがすげーのはトラファルガー海戦での敗戦を隠して国民を騙し切ったこと
あれが無かったらやばかった
205 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:51:17 ID:x7H
なんで日本は革命騒ぎが起きないんや?と思ったら226のあれがあったか
209 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:52:15 ID:wxh
>>205
あれはクーデターやろ
211 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:52:24 ID:hfl
>>205
そもそも明治維新や戦国時代とか
内戦や革命の嵐やで
217 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:53:40 ID:x7H
>>211
日本も一応革命やってたんか
でも民衆がやってないわな
220 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:53:56 ID:pfm
>>217
フランス革命もまあ民衆ってわけでも・・・
219 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:53:43 ID:i4g
パンがなければケーキを食べれば良いじゃない
マリー「そんなの言ってない・・・」
224 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:54:21 ID:pfm
>>219
マクロン「!」シュババババ
229 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:54:55 ID:qyW
>>219
当時のケーキはパンより粗悪な小麦使ってたとか
228 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:54:41 ID:QhI
ルイ16世ってもしかして無駄死に…?
235 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:56:00 ID:TxI
>>228
ヴァレンヌ逃亡事件の後もルイ16世の人気は衰えなかったらしいし、革命のその場のノリで殺された感はある
232 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:55:25 ID:2yL
日本で民衆革命起こらんかったのは権力側が進んで民衆に権利を与えたからやろ
フランス革命の様な無駄な労力は使いたくないしね
234 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:55:48 ID:zd5
>>232
勝海舟すげーわ
244 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:57:35 ID:2yL
>>234
ほんま幕末の人らは頭ええよな
世界の情勢ちゃんと頭に入ってたし
233 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:55:28 ID:QhI
そもそも武家政権立った時点で革命起きてるからね…
237 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:56:17 ID:pfm
>>233
鎌倉革命やな
240 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:56:49 ID:i4g
>>233
力あるものの支配ってなんか必然であって革命って感じせんな
支配されてた側がブチ切れるのが革命やと思う
242 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:57:30 ID:pfm
>>240
せやけどフランス革命だって力つけてきた金持ちが貴族に勝つためにやったことやし
同じやん
246 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:58:00 ID:i4g
>>242
いなめない
253 :名無しさん@おーぷん 2019/03/13(水) 23:58:48 ID:QhI
フランス革命とか世界史ってその辺が一番面白い気がする
264 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:00:00 ID:PFw
>>253
中世ヨーロッパの暗黒っぷりもすこれ
268 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:00:21 ID:XUG
>>264
暗黒って言えるのも11世紀までやと思うけどな
406 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:31:36 ID:XUG
アラブの春とかいう黒歴史
409 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:31:58 ID:unm
>>406
だってアラブの春も欧州の火遊びが過ぎた結果やし…
412 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:32:23 ID:sJy
>>406
あのときの白人さんの悦びようといったら……

なお現地では暴力が吹き荒れた模様
413 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:32:52 ID:3RW
>>406
焼身自殺した青年もここまでになるとは思わんかったやろうなぁ
451 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:39:24 ID:XHG
フランス人「給料低いなあ・・・せや!一番忙しい時期に全員でストライキしたろ!」←これが毎年
453 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:39:56 ID:sJy
>>451
そしてそのストライキの影響を受けない人が政府を動かしてるから町のお祭りみたいな感じで和やかに終わるという
463 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:42:07 ID:3RW
革命と言い切れるか分からんけど
一応成功例ならプーチンさんおるやん
エリツィン次代から勢力伸ばした
オリガルヒとか国自体に影響力のある財閥潰しとるやん
466 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:42:31 ID:tzl
秩序立てるための権威ある偶像がないと民衆はまとまらないし、権威があるならそれなりの歴史背景がないといかんしな
それを壊したらどうなるかは自明よ
485 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:45:14 ID:XHG
トランプ「アジアで戦争になりそうだ・・・準備してくれ」
日本「まじかよヤバイどうすればいんだ」
トランプ「とりあえず戦闘機を買え知り合い紹介するから」
日本「ok!これでなんとかなりそうだ」
トランプ「あっやっぱ戦争なし〜」
日本「え?」
トランプ「まいどあり!」
日本「え?」
北朝鮮「え?」
505 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:48:01 ID:Qxf
>>485
なおトランプ
「どうせヒラリーやろワイは落ちても注目浴びれるしな」
な無事大統領に当選した模様
513 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:50:02 ID:PFw
>>505
やっちまった感あってすこ
522 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:51:57 ID:sJy
>>513
トランプちゃんなんだかんだでビジネスマンやから向こう数年の苦労が一瞬で見えたんやろうなあ
523 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:52:11 ID:3RW
>>513
草生え
500 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 00:47:34 ID:XUG
まあ欧州は1回極端になるまでやってみて失敗して反省してより強固にするってのを繰り返して強くなった面あるからな

1 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 21:52:19.17
現代では公務員は武士階級って感じで税金という名の年貢でぬくぬくと生活してるし
民間では非正規 正規とか格差はすごいけど
3 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 21:53:48.02
士農工商とは身分の上下ではなく単なる職業区分だというのが近年の考え
4 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 21:57:47.12
切り捨て御免があったのに?
5 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 21:59:55.01
切り捨てたらし罪 武士でもし罪
6 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 21:59:58.69
格差社会が広がりすぎて士農工商と言う記述が教科書から消されたね
富と権力を牛耳る側にとっては身分制度を維持して労働者から収奪したいだろうし
平等にしようという意識を持たれては困るから
17 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 23:24:22.50
>>6
こういう低能は全く事態を正しく理解する能力がなくて困る
士農工商の記述が消されたのは身分格差をなかったことにしたいのではなく
当時の身分の構成を表すのに士農工商という言い方が不適切だからだ
7 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 22:04:06.69
いい悪いの問題ではないが違うべ
「えたひにん」この語彙を抹殺するには
上につく士農工商の言葉も封印しないといつまでも残ってしまう
それですべてないことに歴史を書き換えている
9 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 22:10:27.41
武士はほぼ250年間給与が固定だから大変だった
10 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 22:15:21.83
江戸時代の皮革製造業の人は差別されてたらしい
11 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 22:22:31.07
身分的な秤で言えば上級士分だけ特別で中下級士分と農工商は同じ扱いに近いか
士分は金銭でも買えるし養子縁組もあった
農工商の職種の移動も割と流動的だし
12 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 22:27:00.23
江戸時代に「士農工商穢多非人」というひと続きの言い回しはない
13 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 22:27:36.07
士農工商はあと付けだからなw
14 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 22:37:44.81
インドのカースト制度にとても似てるんだよね
家康に英国人がインドはこうなってるってふきこんだんじゃね
22 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 01:47:19.96
>>14
中学生程度の知識だと似てるぅとか思っちゃうだろうなw

出自民族の問題が絡むカースト制と違って江戸時代の身分制度は職業別階層制度
同じ戦国武将の子孫でも旗本や下級武士から農民町民まで色々いるのが江戸時代
出自というより親の職業を世襲して守り抜き発展させた者が上にいる仕組み
15 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 22:49:52.60
士農工商の内部にものすごい格差があった
16 :名無し募集中。。。 2019/02/24(日) 23:10:54.63
非人手下という刑罰があり一般庶民が身分を剥奪され非人になる。
非人は処刑やその死体を処理するなど、当時汚らわしいとされた仕事に従事する。
弾左衛門は穢多・非人身分の頭領とされていた。
「東海道中膝栗毛」にも穢多・非人身分の女の話が出てくる。
46 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 16:59:41.22
>>16
弾左衛門は幕府穢多頭であって人非人とは関係ない
18 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 01:33:05.13
エタはト殺や皮革業のような汚れ仕事を独占してたから実はそこらの農民なんかより全然豊かだった
エタ非人とひとくくりに習うが、非人は浮浪者みたいなもんで全く違う
19 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 01:34:17.82
明治になって身分解放令が出てもエタのままが良いと反対運動するような連中もいたぐらいだから
23 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 02:33:55.52
土佐みたいなのはカーストに近い
24 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 03:34:05.89
切捨て御免=無礼討ちは結構認定のハードル高かったらしいな
25 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 03:43:42.91
明治政府が酷い身分制度から解放したって教えたんだろ
実際は侍が刀を売って商人に金借りてた
26 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 03:45:57.53
坂本龍馬の家はめちゃめちゃ金持ちだった
28 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 04:10:50.97
ほんの一部の武将クラス以上の武士と機転の利く商人だけが美味しい思いが出来た時代
あとエタと非人は全然違う次元の話
30 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 10:08:36.23
非人はキチンと小屋に入れば餓死は免れる
落ちぶれた町人が小屋に入らず乞食をすると野非人はと呼ばれ正規の非人からリンチされる
33 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 13:41:04.65
江戸の旗本や御家人の屋敷には出入りの非人がいて屋敷内の片づけとかやって
祝い事や葬礼のときは引き出物のあまりとかもらいに来ていてついでに他家の養子や引っ越しの情報とか流していた
37 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 14:15:58.81
武士も武士で、
江戸時代は天下泰平なので、出世する道が大分閉ざされていた
下級武士の子は一生下級武士
家老の子はいずれ家老

豊臣秀吉が100年後に生まれていたら
猿顔の草履取りのままで、
西郷隆盛が100年前に生まれていたら、
相撲好きの下級武士で生涯を終えていただろう
38 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 14:20:58.16
切り捨て御免は武士が町人を殺しても罪に問われない制度だけど、実行するのはハードル高いよ

町人を斬らなければならなかった極めて重大な理由(藩存亡の危機とか)が明確に存在し、
かつ状況的に殺す以外に選択肢が無かったことを
現場に居合わせた第三者の証言を含む各種証拠とともに揃えて提出し
偉い武士達の会議で認定されて初めて無実になる

無実にならなかった場合はただの殺人なので死罪
40 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 14:26:42.58
>>38
バックに有力者がいればどうにでもなる
公務員だから民間だから農家だから職人だから、えらいとか下賤ということじゃなくて
誰も手の出せないような有力な公務員もいれば木っ端役人もいるし、大名クラスの農家もあれば非正規みたいな小作農もいる
42 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 15:46:30.13
>>38
ちょっと違う
無礼討ちはその名の通り身分にまつわる名誉毀損に対する正当防衛と解されている
殺すことが目的ではなく相手に一撃を与えることで名誉を回復する意味合いがある
二撃目を加えると駄目
39 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 14:22:44.94
渡り中間は節季契約とかで住み込み主人の登城や外出にお供したり買い物や屋敷の修理や畑作まで手伝ったが
中小の旗本や御家人は雇う予算がないから口入れ屋からその時だけ来てもらったり
近所の屋敷から暇な主人やご隠居を中間という体で借り出したりしていた
この前登城した旗本に付いていた中間が今日はかみしも着て旗本でこの前の主人は中間とか
登城に同行した中間がそのまま別の旗本の下城行列に入って帰ったりとか
41 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 14:37:34.77
人権運動の広まりから時代劇がドラマ化しにくい理由の一つに
木枯し紋次郎や虚無僧的な定住しない人の存在がある
時代劇を死守しようとした人々は止むなく虚無僧は扱わなくなり
紋次郎的な人はすべて町の粗暴な集団に組み入れられ移動しなくなっている

要は住民票の無い人(路上生活者)に対す批判はしないのが高福祉社会
その代り行政による路上生活者を減らす策は概ね成功した
新宿や大阪の一部の公園の野宿さんは激減した
43 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 16:29:49.94
出入りの非人は時々裏口から来て御用が終わればそのまま帰り屋敷に泊まることはない
44 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 16:34:57.11
参勤交代はバイト雇ってさらに経費節減のために早足で移動してた話は笑える
47 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 18:59:54.58
バカ「侍ジャパン!」
アホ「サムライブルー!」
↑いやいやいや…日本人の95%は平民だから
52 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 19:11:30.47
侍の血筋は受け継いでいるから問題はない
維新から150年以上前だし5〜6世代たってるから母方父方どれかにはいる
関ヶ原で西軍についたり廃嫡させられた武家や源平の合戦の落ち武者もいる
53 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 19:12:14.42
土農工商てなんで漁師が入ってないの?
55 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 19:13:42.56
>>53
もとは春秋時代の中国由来だから
54 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 19:13:10.34
次男以下は結婚すら出来ずに一生修行僧のような人生を送った江戸時代の武士
56 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 19:15:18.67
侍というのは身分呼称であって武士のような職能概念とは違う
侍でない武士もいるし武士でない侍もいる
馬鹿はよく混同するが
59 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 19:22:08.24
エタヒニンとひとくくりにされがちだけど
その中でも身分はあってエタ>非人だった
でもエタはずっとエタだけど非人は常民から落ちるもので、また常民に戻る可能性もあるにはあった
だからエタは非人を馬鹿にし非人はエタを馬鹿にしたという
60 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 19:24:28.91
独身が多かったのは江戸時代の「江戸」
61 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 19:27:14.86
武士の場合はその家で官職を1つ貰える訳でそれを家督を継いだ一人が受け継ぐが
他に兄弟がいた場合そいつらは無職
62 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 19:57:18.24
中途半端な知識だな
官職と役も区別できない上に無役なんて腐るほどいたのも知らんのか
63 :名無し募集中。。。 2019/02/25(月) 20:13:47.05
藩によっても違う
薩摩は下士の禄が少なすぎて村に住んで職人兼業だったりする

1 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:31:10 ID:DY0
光秀単独犯説
家康黒幕説
秀吉黒幕説
朝廷黒幕説
将軍黒幕説
宣教師黒幕説…他なんかあったかな

昔っから色々出てるようやけど
2 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:32:12 ID:IND
犯人は明智光秀
3 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:32:57 ID:Vuu
本願寺説て無かった?
5 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:40:16 ID:DY0
>>3
そんなんあったんか
あれだけボコボコにされてその後で信長を討った黒幕だったら
それはそれですごいなあ

足利義昭もそうやけど
4 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:33:49 ID:GbL
明智「金ねえンだわ」
天皇「消えなさい」
秀吉「アイツさえいなければ…」
信玄「餓鬼が…舐めてるぞ潰すぞ」

こうだぞ
24 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:16:09 ID:8Dr
>>4
う〜む...
言い得て妙〜
6 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:40:36 ID:ssw
敵と間違えて襲ってしまった説いうのもあって草
7 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:41:16 ID:DY0
>>6
なんでや本能寺に信長が泊まるの伝わってなかったんかい!
8 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:41:37 ID:iAI
ダチョウ倶楽部方式で光秀がババを引いた
9 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:42:10 ID:DY0
>>8
複数が共謀してたってのもありかもなあ
12 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:42:50 ID:GbL
>>9
オリエント急行みたいなんやったりして
14 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:44:45 ID:DY0
>>10 >>12
別人やと思っとった登場人物が同一人物
犯人が自分の死を偽装

これも推理ものにはようあるなあ
10 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:42:21 ID:GbL
天海は何もんなん?
明智の縁者なんか
11 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:42:33 ID:t3K
ハゲ煽った結果寝首を?かれた
15 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:45:54 ID:DY0
>>11
秀吉「ワイはヨッメへの手紙にまでハゲネズミて書かれても耐えたんやで
金柑は忍耐が足らんわ」
16 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:46:48 ID:t3K
諸説あるってのがおもろい
17 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:50:12 ID:DY0
>>16
後世の創作のネタにも困らへんな
18 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 00:55:00 ID:GbL
本能寺の坊主が敵の残党を匿ったから嫌がらせのために宿舎を本能寺に変更(費用は寺負担)

警備が手薄になって無事死亡

こんな感じなんよな
19 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:12:51 ID:DY0
>>18
嫌がらせが死因になってもうたんか…
20 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:14:36 ID:4mJ
大島てるで本能寺が燃えててワロタ
23 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:15:20 ID:1kB
本能寺の信長って客観的に見たらどう考えても頓死なのに
割とカッコ良い最後と認識されとるのが真の謎やな
25 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:16:19 ID:DY0
>>23
ドラマとかやと多勢に無勢で奮戦して敦盛舞って静かに自刃やからなあ
実際どうやったんか知らんけど
31 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:19:52 ID:1kB
>>25
当時の書状や日記やと自業自得論が主流やで
秀吉天下取った後に信長の法要も途中でやめたけど誰も批判せんかったし
36 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:21:44 ID:DY0
>>31
はえ〜厳しいなあ
45 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:24:44 ID:1kB
>>36
高山右近なんか信長が本能寺で死んだ後
各地で一揆や反乱起こったけどうちはキリスト教でがっちり固まってたから平和やったわ
っていう暗にノッブの権力基盤の弱さディスった逸話残してるし
当時の人間は基本失敗者には厳しいよ
26 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:17:36 ID:jZ6
明智の子孫は秀吉黒幕説唱えてるんやっけ
29 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:18:35 ID:0QI
柴田が黒幕はないんやな
30 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:19:38 ID:jgL
>>29
北陸でヤバい状況じゃなかったっけ当時
32 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:20:39 ID:DY0
>>29
なんか動機あるかなあ
今更信行の復讐やないやろし
35 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:21:02 ID:jZ6
長宗我部黒幕説ってのもあったなぁ
37 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:22:14 ID:DY0
>>35
長宗我部の奥さんと光秀の家臣が縁者なんやったか?
39 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:22:49 ID:Y2j
>>37
斎藤利三やなかったっけか
42 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:23:18 ID:YEA
>>37
同年、25歳の元親は、美濃斉藤氏の縁者より正妻を迎えた。
石谷光政の娘である。

石谷家には、明智光秀の重臣・斎藤利三(春日局の父)の実兄で、養子となった頼辰(よりとき)がいた。
つまり、石谷光政の娘は、その義理の妹にあたり、こうした彼らの強い結びつきが後に本能寺の変へ向かわせたとする説がある(織田信長と元親の間に確執が生まれ、明智家・斎藤家が間に立たされたことから・詳細は後述)。
40 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:22:58 ID:suz
割と普通のクーデター説を推す
46 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:25:14 ID:DY0
>>40
計画的に事を起こしてあの敗北なんか…
47 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:25:20 ID:0QI
頭おかしいならそれなりに信長も警戒するやろうけど
49 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:26:00 ID:DY0
>>47
おかしいいうても普段はまともやと装えるやつもおるしなあ
48 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:25:55 ID:jgL
家康も秀吉も一歩間違えたら自分が破滅してた状況やし黒幕やと言うのは無理があるわ
51 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:27:27 ID:YEA
実は誰の陰謀などではなく自然発火でしたとかだったら笑える
52 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:28:13 ID:jgL
>>51
多分これやぞ
光秀仕事抱えすぎて更年期障害でおかしくなってたんや
110 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:01:21 ID:DY0
>>52
そういや信長も、糖尿病やて説あったっけ
111 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:02:00 ID:kMn
>>110
家康は肉の食いすぎで胃がんやし生活習慣悪すぎィ
53 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:28:21 ID:jZ6
実行犯光秀としたら動かせるのって朝廷くらいなんかなぁ
54 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:29:24 ID:iJy
合理的に考えると逆にわからなくなる現象の代表例な気がする本能寺
57 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:30:12 ID:DY0
>>54
けどまあ、歴史で合理的じゃないこと山盛りやしなあ
人間合理的な考えばかりで動くわけやないんやろな
今ですらそうやし
58 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:30:30 ID:0QI
その後の天王山の戦いの戦力差がひどい
59 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:31:19 ID:1kB
慢性的に謀反を抱えてた権力体制やし
光秀の時になんか上手く成功できた
本人もびっくりって感じやったんちゃうか
61 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:31:43 ID:DY0
>>59
ドリフでも言われとったなあ
謀反起こされ過ぎやて
62 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:31:49 ID:jgL
そもそもノッブは人生裏切られまくりやし
たまたま光秀が上手くいっただけやぞ
64 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:32:59 ID:DY0
>>62
意外と裏切り者や謀反人を許してまた裏切られたりもしとるんよな
弟とかボンバーマンとか
66 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:33:59 ID:YEA
信長がそんな簡単に殺されるわけがないとかいう先入観からいろいろな説がうまれてるよな
69 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:35:01 ID:jgL
>>66
あとあの光秀がそこまで杜撰な計画たてるわけないという先入観
これのせいで信忠死んだようなもんやし
67 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:34:29 ID:kMn
ワイは家康黒幕説を推す
70 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:35:27 ID:Y2j
>>67
本能寺の後家康も死にそうになったんちゃうんか?
72 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:37:20 ID:jZ6
>>70
アリバイ的に伊賀越え書かせたとか?
76 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:39:59 ID:kMn
本能寺の変でだれがいちばん旨い汁吸ったか考えたら家康しか出てこん
78 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:42:13 ID:DY0
>>76
結果的に得をした人間を阿多がえって推理の定石やけど、
推理ものにも得をした人間と犯人が別人あるしなあ
79 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:43:17 ID:jgL
信長の忍びで楽しそうにツッコミやっとる光秀見てると裏切る様には見えんな
87 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:47:13 ID:DY0
>>79
なんかの漫画で、信長と光秀が仲ええの何度も描写して、
終盤の本能寺の変の後で信長と光秀をずっと見てた蒲生氏郷だかが
謀反と聞いてもまさか光秀とは思いつかずに聞いても信じられへんと
信長の娘で妻のに吐露するってのがあって、
そういうのもありかもなあて思ったわ
80 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:43:26 ID:Htn
あらゆる武将、寺、朝廷に信長はぶっ殺される運命だったけれど

現代人が無責任にタイムスリップして信長助けたせいで明智首謀ルートに集束しただけや
89 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:47:58 ID:DY0
>>80
そういや丁度、本能寺の変で歴史改変する映画公開しとったな
刀剣乱舞のやつ
81 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:43:46 ID:YEA
信孝と丹羽長秀が5/7四国征伐赴く
京都内に有力な武将をいなくなる

光秀が大軍を動かすためには信長の命令が必要
5/17 信長が光秀に中国攻めを命令

信忠って家康が安土城に来てたけど急遽会うのキャンセルして
信長を迎えるために京都に滞在してた。

6/2本能寺の変

秀吉毛利と和睦 明智討つ

ふつうだとこれで終わりやけど 
82 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:44:59 ID:kMn
徳川家康、豊臣秀吉、明智光秀
の3人共謀説もあるとは思うけど

少なくとも丹羽長秀と柴田勝家は違う
84 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:45:28 ID:YEA
>>82
そしたら光秀ただのアホやん…
88 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:47:30 ID:suz
>>82
丹羽さんも怪しいけどなぁ
最古参やのに、一人だけ三男のお守りやし動機はある

しかもいくら大ニュースとはいえ、数日で兵が四散するというのも考えにくい
むしろ、防備を固める方が自然
91 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:48:28 ID:jgL
>>88
丹羽は秀吉にあっさり恭順してる所見てもナンバーワンになりたがるタイプではなさそうやけどな
93 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:49:53 ID:suz
>>91
丹羽さんの最期知ってる?
94 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:50:54 ID:jgL
>>93
恭順したけど思ったより待遇良くなかったから腹切って内臓秀吉に送りつけただけやろ?
100 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:56:30 ID:suz
>>94
そういうのをみても、あっさり恭順じゃないと思うけどなぁ


それにこのスレでも京都周辺に有力な部将がいないって言うけど
堺で編成されてる数万の軍、しかも信長の子と最古参の武将という大義名分も実力もある集団
これは流石の明智も無視できないと思うけど
83 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:45:25 ID:LL5
光秀が信長を殺る動機がなあ
信長が天下取れば光秀もかなりいい位につけるはずやから権力とか欲しさに殺した感じが考えにくいし
漫画とかやと光秀美化したくて信長の徹底的に敵を殲滅するやり方に嫌になった系が多いしワイも好きやけど
90 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:48:22 ID:1kB
>>83
信長が光秀を厚遇する保証はないで
むしろいずれ高齢化で昔のように働けなくなった場合林や佐久間と同じ道たどる可能性の方が高い
この辺は柴田や丹羽も感じてたはずや
85 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:46:23 ID:jgL
信長が人生に疲れて光秀と共謀して自殺狂言した説
92 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:49:21 ID:wUZ
信長にパワハラ受けてた光秀そそのかして信長討たせる
その後は2人で天下治めよーやと秀吉に言いくるめられてあっさり裏切られ
96 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:51:09 ID:GbL
実行犯は明智
利休が黒幕
秀吉は利休に教えられて事前に知ってた
信長は真っ二つになってお茶を点てた
97 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:54:06 ID:DY0
>>96
創作での弄られっぷりもすっごいなあ
98 :■忍法帖【Lv=15,キャットバット,vTn】 2019/02/17(日) 01:55:03 ID:kMn
明智は天下を自分で牛耳りたいようには見えんしな裏で手を回す方が好きな陰キャ臭いし
ノブの周りを手薄にしたたぬき、実行犯ってことで表舞台から消えたハゲ、とりあえずはことを片した猿
全員思惑ありやろ
猿がすぐに謀反に対応できたの見ても、謀反した明智家をノブみたいに一族郎党ぶっ殺さなかったの見ても繋がってた臭い
103 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:58:43 ID:sOC
信長の自殺説ってある?
106 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:59:57 ID:DY0
>>103
けど自殺やったら息子は生き延びさせようとするんやない?
徳川みたいに親子で問題起きてたらともかくそうでもないし
112 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:02:13 ID:sOC
>>106
>>107
分からんがとりあえず自分の役割は終わったと感じて
後継の有力者に任せる気になったとか
梅雨で鬱になったとか
104 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:59:08 ID:DY0
いろんな戦国大名に転生ってあるけど、光秀は見たことないなあ
破滅するキャラに転生して死亡フラグ回避で王道なんやけど
105 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:59:10 ID:1kB
誰か信長倒さへんかなぁってみんな何となく思ってる時に
光秀が突発的に謀反やって成功
光秀本人も周りもポカーン状態の中で
いち早く現状把握して動けた秀吉が勝者
113 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:02:13 ID:jgL
光秀「殿にお仕えするには一回は裏切らんとアカン伝統あるらしいわ、ならワイもやるでー」

光秀「なんかガチで殿死んだんやけど」
114 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:02:43 ID:0QI
結果的に前田家が勝ち組になったのはわけわからんな
118 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:03:54 ID:DY0
>>114
まあ信長に昔から仕えて目かけられとったし
息子は娘貰っとるからそのままでも勝ち組やない?
119 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:04:14 ID:jgL
>>118
目をかけられる(物理)
122 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:04:52 ID:DY0
>>119
森蘭丸「親近感」
121 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:04:42 ID:sOC
とりあえず秀吉は絶対知ってたよな
何もかも迅速すぎる
124 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:05:20 ID:kMn
>>121
柴田勝家は光秀どこやねん状態やったらしいしな
125 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:06:19 ID:YEA
>>121
そこだよな そこがわからないからいろいろ生まれるし
秀吉が知ってたのか、しらずに天才的な外交力があって和睦したのか
123 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:05:10 ID:rZG
フロイス顕如(もしくはライレーン)弥助の三人はわいの中でつぎの戦国無双に出てきて欲しいトップスリー
132 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:10:01 ID:suz
>>123
今はだれが出てるん?
137 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:12:29 ID:kMn
133 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:10:38 ID:DY0
>>123
顕如は戦国BASARAにはおったなあ
142 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:13:13 ID:rZG
>>133
本願寺派から怒られた模様
僧はライレーンが出せるギリギリかなぁ
126 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:07:09 ID:1kB
柴田勝家は本能寺の変辺りから全てが後手後手というか
対応力の衰えが著しいから信長生きてたら次の粛清対象になってた可能性高い
131 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:10:00 ID:kMn
>>126
なんであんなに衰えたん?柴田
全盛期の鬼柴田具合からの対比で悲しくなるわ
136 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:12:21 ID:suz
>>131
軍の規模の違い
偉い人も言ってる
「例えば、かの上杉謙信公は8千程度の兵を用いて戦をするのが己に適していると言われたそうだ。
 かく言う自分は経験上2千程度の兵数が手足の如く操れると感じたものだ。
 つまり大将の器、能力に適した兵力は大将の数だけあるという事。兵力の大小に固執するより己の武の型を見極め、
 それに見合った兵を揃えたほうが良い結果が得られるだろう」
158 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:22:17 ID:B5o
転生した信長が本能寺の真相を探るってゲームやと黒幕は天皇と将軍と秀吉と徳川っていう全乗せやったな
それで光秀は選択肢次第では実行犯を拒否するルートあるけど、結局明智勢に変装した偽物に本能寺起こされて濡れ衣着せられるという
159 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:22:35 ID:rZG
絶対魔が差してやってるわあいつ
あれ、これ上様の寝床手薄?恨みはあるけど殺すほど恨んでるわけじゃない
でもこんな手薄ならやってみたいわって感じで
162 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:23:42 ID:jgL
明智光秀は経歴見るとガチの有能やからなぁ
途中入社組で織田政権のトップ層まで行ってた化け物
172 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:25:19 ID:rZG
江戸時代前の武士道とかいうバーバリアンの論理
173 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:25:43 ID:DY0
>>172
鎌倉武士「ヒャッハー!」
179 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:26:50 ID:HaP
実際は火の不始末やったけど恥ずかしいから光秀がスケープゴートにされたんやで
180 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:27:13 ID:suz
>>179
これはあたらしい
189 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:29:34 ID:rZG
信長協奏曲どうなるんやろな
サブローと光秀で共謀して本能寺の変起こしてそのタイミングで入れ替わるんやろか
山崎で入れ替わったサブローと秀吉が争って負けて現世に帰る?
195 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:30:37 ID:B5o
>>189
なんか映画は結末まであったけど似たような落ちになりそう
198 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:31:04 ID:jgL
信長のシェフはどう収拾付けるんやろ
200 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:31:42 ID:YEA
>>198
呼んだことないけど、本能寺の変の火で料理して信長の墓にお供えして終了
201 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:32:16 ID:suz
>>200
想像したら草

付け合わせのワインは黄金ドクロで
203 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:32:35 ID:1kB
>>200
この火力を活かすには……中華の回鍋肉やな!的な
218 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:48:44 ID:9k7
なんかの番組で秀吉と家康と光秀がグルだったっていうのは見た
家康の建てた日光東照宮に光秀の家紋があるとか
当時の農民が光秀の顔知ってるわけないとか
220 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:50:59 ID:YEA
>>218
あれ実は家紋じゃないってなったんじゃなかったっけ
221 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:52:15 ID:9k7
>>220
マジか!
223 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:53:46 ID:suz
>>218
落ち武者狩りは儲かるぞ、懸賞金が出る場合もあるし、普通に身ぐるみ剥いでもいい

今川もそれで当主なくしてるし
224 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:53:58 ID:DY0
>>218
けど家康も落ち武者狩りにあって返討にしとったそうやし、
落ち武者っぽいの見つけたらとりあえず襲っとったのかもしれん
誤チェストみたいな感じで
225 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 02:57:29 ID:9k7
後は天海とかいう坊主がやたら重用されてたのに出自不明とか
そこらへんを強調してたな東照宮の近くに明智平なんてもんもあるし
226 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 03:00:04 ID:YEA
仮に光秀=天海だとしたら120歳くらいじゃなかったっけ?
228 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 03:02:11 ID:suz
>>226
明智「いつから私が一人だと錯覚していた?」

マムシ「二人一役は、美濃人の基本スキルやぞ」
230 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 04:01:41 ID:DY0
>>228
光秀「憧れは理解から最も遠い感情だよ」
信長「お前が言うんかい!」

1 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:31:02.68 ID:ggnZxdEKa.net
一人で江戸から大阪まで(495km)走る通し飛脚は6日で走破してたらしい
一日80キロかよ
2 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:31:54.76 ID:ggnZxdEKa.net
現代人は二キロ走っただけで死にそうになるのに
3 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:32:24.00 ID:ggnZxdEKa.net
一日二回フルマラソンしてる様なもんやでな
4 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:32:43.82 ID:2N3XAC/00.net
なお肉を食わせると劣化する模様
5 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:33:22.58 ID:5sinoOeAd.net
ばけもんやん
6 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:33:41.06 ID:Dk3u/NNg0.net
実際にそれだけ走ってたんか?
8 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:34:06.48 ID:ggnZxdEKa.net
>>6
せやで
9 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:34:51.51 ID:Wcl9T7OX0.net
江戸時代の日本にキロ無いだろ
13 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:36:11.38 ID:ggnZxdEKa.net
>>9
10 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:34:53.75 ID:CUO5pjD1a.net
こマ?!
橋もないし道も悪いしランニングシューズもないのに
すごすぎやん…
11 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:35:39.99 ID:A6pnhLj8d.net
馬使えよ
12 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:36:00.41 ID:2N3XAC/00.net
>>11
幕府「処罰するで」
14 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:36:18.76 ID:VWeSRikt0.net
山賊に狙われそう
28 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:38:34.02 ID:PgWLfVNmp.net
>>14
クロネコヤマトみたいに思われとるけど
官営の現金輸送車みたいなもんやしそう狙わんやろ
16 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:36:26.75 ID:aoUn36C60.net
でも早死にしてるやろ
17 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:36:27.91 ID:Re6/zmN50.net
なんで馬使うたらあかんの?
29 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:38:37.58 ID:ggnZxdEKa.net
>>17
武士の特権やから、町民は使えんかったとか何とか
18 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:36:34.01 ID:HuFC5+sA0.net
飛脚じゃなくて江戸時代の一般人もふくらはぎが相当発達してるって宣教師の記録があるぐらいやからな
19 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:36:50.91 ID:ggnZxdEKa.net
そら平均寿命も短いわ
21 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:37:32.39 ID:bvKHSNpX0.net
城の石垣とか作ってた奴らも相当な筋肉やったやろな
24 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:37:56.88 ID:NLtn1fEw0.net
江戸時代の人の前蹴りで今の一般人殺せるレベルの強さだろ
26 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:38:15.66 ID:ma8q1HUPd.net
江戸時代ってチビ多いのにすごい
30 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:38:47.74 ID:eSxhVyNiH.net
プロテインもないのになんで当時の力士はモリモリなん?
写真残っでるようなやつだけ特別で普通のやつはガリガリなんか?
33 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:39:41.91 ID:2N3XAC/00.net
>>30
昔の米は、今よりタンパク質含有が多少多かったらしいで
36 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:40:21.07 ID:eSxhVyNiH.net
>>33
今は品種改良で失ったんか
38 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:40:46.60 ID:2N3XAC/00.net
>>36
そら炭水化物のほうが旨みますからな
37 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:40:33.11 ID:CUO5pjD1a.net
まあ実際はリレー方式なんだろうけど
それでも現代人には真似できんとおも
40 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:41:22.93 ID:ZN7lhY4Ex.net
>>37
リレーなんか?駅伝じゃないのか?
46 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:42:33.19 ID:CUO5pjD1a.net
>>40
あー駅伝だわ
41 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:41:24.43 ID:7NTxKWtD0.net
籠タクシーのほうが辛そう
45 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:42:29.87 ID:Xp+MIX95M.net
道も舗装されて無かったろうに凄いよな
47 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:42:51.88 ID:9MjneY8Ka.net
エジプトでピラミッド作ってたやつらが一番すごい
あんなん現代の技術ですら手がかかるのに
54 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:45:07.68 ID:JRPcXPySd.net
>>47
現代のエジプトがピラミッドとスエズ運河だけで飯食ってることの方がすごいわ
ご先祖さんに足向けて寝られへんな
61 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:47:21.73 ID:N378GWx7a.net
>>54
すげえなピラミッド
65 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:50:35.90 ID:fjdOcgPQ0.net
>>54
何千年も先の子孫まで富をもたらすファラオってやっぱ神だわ
49 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:43:48.81 ID:N378GWx7a.net
お前らアホやなぁ矢文やぞ
一々飛脚なんて使わずちょっと射ればいいだけだし
57 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:45:40.72 ID:H4TBj6/NK.net
なんば走りとかいうやつ?
59 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:45:51.75 ID:8dbEhi9o0.net
修験道とか昔の人は草鞋でようやるわと
60 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:46:54.07 ID:0yP2b/kQ0.net
普通鷹に巻物括り付けるよね
62 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:49:27.51 ID:z6K3Q7sy0.net
ロストテクノロジーの飛脚走りとかいうチート
63 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:49:44.26 ID:hdhjO33+0.net
天台宗の千日回峰行とか真似できんやろあんなん
67 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:53:42.46 ID:skYY6Kt40.net
飛脚の元締めみたいなんっておったん?
72 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:55:46.03 ID:u/7rRv/20.net
>>67
飛脚問屋ってのがあったで
明治時代にその飛脚問屋を統合してって
それがのちの日本通運やで
86 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:02:54.53 ID:LkdQLBDM0.net
>>72
はぇー・・・
68 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:54:00.90 ID:dnchN6Y20.net
アルファベットも元はエジプトの奴隷の為に読みやすくしたもんなんやろ?
70 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:54:42.98 ID:Nnig54uu0.net
有能な高給取りの飛脚は一回で今の40万とか稼いでたらしいで
74 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:57:04.80 ID:kMkm5QfS0.net
現代ではアスリートになるような人間がそういう仕事してたんやろな
75 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:57:50.30 ID:6LU0s7QV0.net
実際は嘘だぞ
飛脚が江戸から大阪まで3日で届けるって言って1週間以上かかって斬首さらし首にされた
78 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:59:22.23 ID:BudtAr270.net
>>75
それダメな飛脚の例で、ホンマ出来ないなら飛脚全滅なんとちゃう?
80 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:00:07.68 ID:6LU0s7QV0.net
>>78
明治入ってから10年もたたないうちに淘汰されたからな
82 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:01:14.84 ID:BudtAr270.net
>>80
列車には勝てなかったよ…
88 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:03:34.89 ID:pkfx+nrn0.net
>>80
武士がいなくなったから馬が使えるようになるしね
84 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:01:31.90 ID:N378GWx7a.net
>>75
十分化物やんけ
76 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:59:01.59 ID:pkfx+nrn0.net
玄米食ってたらしいな
褒美として白米食わしたら走れんようになったとか
101 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:09:14.99 ID:PlxpjsiJ0.net
>>76
玄米と大豆でできた体やね
79 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 02:59:35.98 ID:h/cBBpQo0.net
荷物の内容によっては馬使ってた、護身のために脇差しもってるやつもいたらしい
時代劇ではテレビばえしないからそういうの出てこないだけ
87 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:03:23.46 ID:/i7v7Emk0.net
飛脚ってリレーじゃないの
93 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:07:07.31 ID:h/cBBpQo0.net
>>87
リレーだよんで、飛脚の引き継ぎ場所が駅って呼ばれてて今の駅伝はそこからきてる、んで駅という漢字にもあるようにそこには馬もいた
105 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:09:54.57 ID:/i7v7Emk0.net
>>93
まーたなんJで賢くなってしまった
89 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:04:44.24 ID:SJZSm9Kop.net
言うて1日10時間くらい走れば行けるやろ 慣れれば行けそう
90 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:04:51.24 ID:h/cBBpQo0.net
駅伝方式でやるから1人1日大体20?ぐらいだったらしいって歴史の先生が言ってた
95 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:08:07.63 ID:xUmFInqad.net
ちょっとの距離でヘロヘロになったメロスさんとは大違いですわ
100 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:09:07.00 ID:84sUsw1O0.net
>>95
じゃあお前太陽が沈むより早く走れるんか?
96 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:08:14.51 ID:1+EprvwCp.net
実際飛脚って職業なかなかかっこええよな
97 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:08:32.10 ID:pkfx+nrn0.net
言うて飛脚は大した荷物持ってないのが分かりきってる上にバレたらガチヤバやから山賊も狙わんのとちゃう?
112 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:10:54.51 ID:0GCDHvrbM.net
>>97
長ドスかなんか差してたんやなかったっけ?
明治に入ってからの郵便配達員も護身用の拳銃携帯してたし
99 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:08:57.91 ID:QUupWTNx0.net
江戸時代の人の歩き方って手と足同じほう動かしてたってマジなん?
114 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:11:27.94 ID:oV8BuihOd.net
>>99
嘘やで
根拠がないし、明治時代に一気に廃れた説明がつかない
117 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:12:37.03 ID:QUupWTNx0.net
>>114
なんや嘘なんか
まぁ不自然だしな
127 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:14:50.62 ID:2wnQ0/Ys0.net
>>114
着物から洋服にかわったからちゃう?
103 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:09:23.46 ID:HETOxDZ/d.net
三度笠って月に三往復する飛脚が被ってたから三度笠なんやぞ
どこからどこまでかは知らんけど
104 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:09:44.42 ID:T7fAyWu30.net
あいつら全身入れ墨入れてほんと気持ち悪い
115 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:11:38.56 ID:31RVPLhh0.net
剣岳をクソ雑魚装備で登頂した修験者
ロストテクノロジーを感じる
116 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:12:04.74 ID:BPIGn9+2K.net
飛脚ってふんどし一丁で走ってるイメージ
あとプライド高そう
118 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:12:40.70 ID:aKJ70tka0.net
吉宗「堂島の米相場気になるンゴ」
江戸の米問屋「せや 狼煙と手旗信号でリレーすれば情報すぐ手に入るやん」
123 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:14:24.17 ID:BEIWSRH90.net
江戸時代まで遡らなくても
ちょっと前は60kgの米俵担いで
階段登るオッサンとか普通におったみたいや
126 :風吹けば名無し 2019/02/15(金) 03:14:43.63 ID:Ond0no3X0.net
田舎の爺の爺の話とかだと
山超えて隣の町行って米俵買い出しして日帰り帰ってきてた話聞くで

1 :記憶たどり。 ★ 2018/12/24(月) 10:12:05.36 ID:CAP_USER9.net
https://anonymous-post.mobi/archives/2155

[ユ・テジュン文化時計]7.クリスマスツリー、韓国から渡って行った
韓国「クサンナム(※和名、朝鮮白檜・チョウセンシラベ)」1907年ハーバード大学に伝えられて
ユ・テジュン論説専門

▲世界の人々がクリスマスツリーに使用しているクサンナムは、1907年にフランスの神父によって
米国に渡った韓国の自生種「クサルナン」である。


▲クサンナムの葉と実、ウニのトゲに似て済州ではウニを意味する「クサル」を木の名前に使用した。


▲漢拏山麓で育っている韓国自生種「クサンナム」。木の名前も済州人が呼んだ「クサルナン」に由来した。

12月で、またクリスマスが近づいている。誰しも宗教との関係なしにクリスマスと関連した思い出が一つくらいはあると思われる。

そして、そのような思い出を呼び起こす象徴物も一つずつ心の中にあろうかと…きらめくクリスマスツリー、
夜空に降った白い雪、暖かい人と交わしたプレゼント、子供の頃に枕元に掛けておいた靴下…


その中でも、クリスマスと言ったら必ず思い浮かぶシンボルはクリスマスツリーではないかと思う。欧州と米国は勿論、その他の地球村の各地でクリスマスには欠かせないクリスマスツリー。

このクリスマスツリーの原産地は韓国で、韓国の特産種であることを知っている人は珍しいだろう。(省略…)

■クリスマスツリー…チョンナム(※モミの木)ではなく、クサンナムが大部分

(…省略)私たちは通常、クリスマスツリーをチョンナムとして理解しているが、事実上、クサンナムがクリスマスツリーの代表樹種になったのだ。ある調査によると、現在、世界でクリスマスツリーとして最も人気があって、最も多く販売されている木がクサンナムだと把握された。

ところで、まさにクサンナムが韓国から渡って行った韓国の特産種だ。

クサンナムは学名でもアビス・コレアナ・ウィルソン(Abies Koreana F.H Wilson)となっていて、外国で販売されている名前もコリアン・ファー(Korean Fir)だ。

韓国で自生していたクサンナムは、特産種で漢拏山をはじめ、智異山、無等山、徳裕山など高い山で育つ常緑高木だ。最大20メートル程度まで成長して、姿が美しくて1988年のソウルオリンピックのシンボルツリーになった。

済州では「クサルナン」と呼ばれる済州の方言で、クサルはウニで、ナンは木である。葉がウニのトゲに似て付けられた名前だ。そのクサルナンがクサンナムと呼ばれるようになった。

■フランスの神父が採集して、米国ハーバード大学に伝達
私たちの土種であるクサンナムが西洋に渡ったのは、クリスマスツリーに使用される前の1900年代初めだ。

旧韓末の1907年にフランスの神父タケ(Emile Taget)とフォーリー(U. Fauriei)によって漢拏山で採集された後、
その中でフォーリーの採集本がハーバード大学アーノルド植物園の植物分類学者であるウィルソン(Wilson 1876〜1930)に伝えられる。

ウィルソンは、このクサンナムの採集本を見て済州島を直接訪問して実物を確認した後、長い研究の末、1920年アーノルド植物園
研究報告書第1号に未発表の新種として発表した。

クサンナムは、この時に初めて正式学名を得て世に知られることになった。

当時の標本2点がアーノルド植物園に保管されていて、植物庭園にはその時の種子から発芽したクサンナムの一本が植えられていて、
今も姿態を見せて誇って立っている。

寒い所に生息するクサンナムは近年、地球温暖化現象によって数量が減っていて、現在「世界自然保護連合(IUCN)」によって
国際的絶滅危惧種に指定され保護されている。

世界は資源戦争時代が開かれてからすでに久しく、ますます激しくなっている。植物の種子も非常に貴重な天然資源の一つで
良い種子を抜き出していて、それを守るために各国政府と企業は多くの人材と資金をかけている。

私たちの国で生まれ育った「クサンナム」は、現在の地球村のあちこちで高価なクリスマスツリーとして売られている。
また、高級住宅の庭で家主が誇る貴重な庭木として使われている。ロイヤルティーの一切も出さないまま・・・.
7 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:14:54.89 ID:EMasJTZg0.net
知らんかった
8 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:14:55.16 ID:8VfGet8L0.net
民明書房ですらもっと説得力あるシナリオ作るぞ
12 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:15:57.80 ID:LX5rKj250.net
金取れよw成功したらNHKが真似するぞw
14 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:16:01.49 ID:R0Viifvz0.net
さすが宇宙の創造主
20 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:16:29.09 ID:NvOXNCCu0.net
宇宙の全ての起源は韓国
23 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:17:19.65 ID:+o2InHRj0.net
宇宙の起源も韓国だしな
32 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:18:53.27 ID:SmM6+nMl0.net
ツリーだから釣りだよな
48 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:21:13.79 ID:MIIlE3Wj0.net
これは全世界に広めよう
63 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:22:59.05 ID:bA2aNT/e0.net
ロイヤリティーって言いたかっただけやろw
87 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:25:11.28 ID:TKVE3o9a0.net
どうせたいしたことは言ってないんだろうけど宇宙の起源が韓国だってことは知ってた
142 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:28:33.61 ID:OiepnKYY0.net
恥って概念がないとなんでも出来る
178 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:30:58.50 ID:l7PndIhS0.net
商標登録しとけよもったいない
222 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:34:23.19 ID:iEBWnkBH0.net
テコンダー朴に新たなネタがw
284 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:38:27.30 ID:ArLnxlCj0.net
パスタの次は今度はXmasツリーかよwイエスキリストは韓国人だったのかよw
9 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:14:56.71 ID:NCoqafcw0.net
クリスマスツリーが韓国起源であることを

 ?既に知っていた
 ?今知った
19 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:16:24.92 ID:qIS1Wmu50.net
>>9
?ネットで見た
61 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:22:48.91 ID:XYg2893A0.net
>>9
?また始まった
38 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:19:43.61 ID:T3R6YGUe0.net
そうでしょうなぁ
当然と言える
93 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:25:41.36 ID:ffX0RgOv0.net
>>38 関係なんかないぜ、おそ松さん!
45 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:20:41.39 ID:azErgpEy0.net
当たり前だよな
そもそも宇宙の起源が韓国なんだから
すなわち全ての事象の起源が韓国だと言える
75 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:24:20.64 ID:oEz7690J0.net
エイプリルフールの日みたい
88 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:25:20.07 ID:xPOSYBOP0.net
>>75
まぁ1年中エイプリルフールみたいな国だし…
85 :名無しさん@1周年 2018/12/24(月) 10:25:02.28 ID:yoj4n7T20.net
もしかしてこの理論だと
サンタクロースも韓国人?

1 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:22:24 ID:kOi
室町時代「鎌倉時代も戦国時代も人気なのに、なんでワイだけが……」ギリィ
2 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:24:20 ID:2tG
室町幕府って将軍何人もおるんやな
意外やわ
9 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:29:23 ID:kOi
>>2
おまえら何人覚えてる?

初代 足利尊氏 暦応元年(1338年)
2代 足利義詮 延文3年(1358年)
3代 足利義満 応安元年(1368年)
4代 足利義持 応永元年(1394年)
5代 足利義量 応永30年(1423年)
6代 足利義教 正長2年(1429年)
7代 足利義勝 嘉吉2年(1442年)
8代 足利義政 文安6年(1449年)
9代 足利義尚 文明5年(1473年)
10代 足利義材 延徳2年(1490年)
11代 足利義澄 明応3年(1494年)
- 足利義尹(義稙)(義材が改名し、2度目の就任) 永正5年(1508年)
12代 足利義晴 大永元年(1521年)
13代 足利義輝 天文15年(1546年)
14代 足利義栄 永禄11年(1568年)
15代 足利義昭 永禄11年(1568年)
11 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:30:54 ID:2tG
>>9
尊氏と義満、義政ぐらいやなあ
弓矢背中に背負った髭もじゃと金閣寺銀閣寺
3 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:24:52 ID:2tG
だいたい室町ってなんや
鎌倉、江戸は分かる
44 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:48:24 ID:q4e
>>3
京都にある街名やで
49 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:49:59 ID:2tG
>>44
街名じゃ地味なのもしゃーない
4 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:25:36 ID:h1z
室町幕府の将軍って倒されるだけの印象
6 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:26:32 ID:gRy
応仁の乱gdgdすぎんよ〜
7 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:26:35 ID:4XG
応仁の乱が意味不明すぎるから仕方ないね
8 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:28:49 ID:jOx
全体的に幕府と将軍の権力が弱い
10 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:29:39 ID:2tG
応仁の乱から下剋上の世の中って日本乱世やん
12 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:31:36 ID:aQ5
鎌倉幕府の将軍&執権の方が馴染みない説
13 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:31:52 ID:MQc
戦国人気言うけど戦国前期ほど影薄い時期も無いやろ
15 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:32:30 ID:2tG
鎌倉幕府って途中から北条が将軍になってなかったっけ
16 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:34:49 ID:Xd9
>>15
北条は執権
将軍は藤原氏や皇族から迎えてる
29 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:40:31 ID:2tG
>>16
>>19
ググったけど皇族が将軍ってなめてんの?そら後醍醐天皇も挙兵しますわ
31 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:42:28 ID:kOi
>>29
まあ、神輿やろなあ

摂家将軍の方も幼児の頃に下向させられて大人になったら帰されとるし
北条氏は神輿でいて欲しかったんやろか
19 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:36:36 ID:kOi
>>15
頼朝の子孫の将軍が三代目の実朝で絶えた後は、
4代と5代が摂家将軍(頼朝の妹の子孫)
6代以降が皇族将軍
17 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:34:56 ID:kOi
足利義輝「ワイは剣豪将軍ことリアル無限の剣製として有名やろ?戦国BASARAにも参戦したんやで!」
足利義昭「兄貴に比べてワイはイメージは……ワイかて信長包囲網築いてあの信長に立ち向かったんやで?」
18 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:36:01 ID:gRy
信長包囲網とかいう坊主が一番手ごわいgdgd集団
20 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:37:02 ID:LYA
時代劇=江戸時代劇だからなぁ
26 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:39:15 ID:kOi
>>20
一応、尊氏は大河ドラマになって割と評価高かった気がする

>>12
鎌倉時代だと大河の草燃えると北条時宗あったな
30 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:40:56 ID:Map
地方勢力の自立が進んで今の日本の骨格が作られた時代ではあるけどなあ
32 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:42:32 ID:AVQ
日本刀はこの時代のが名作多いね
34 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:44:47 ID:Xd9
>>32
江戸以降の作刀を新刀
江戸以前の作刀を旧刀
というのだけど切れ味は旧刀のほうが断然良い
56 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:51:38 ID:kOi
>>32
正宗は一応室町時代にもなるんやろか?
33 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:44:41 ID:2tG
江戸時代まで源平合戦してりゃ良かったのに(意味不明か)
てか源氏出身、平家出身ってずっと代々あるんちゃうか
38 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:46:10 ID:Xd9
>>33
本姓で源平すぐわかるで
織田は平氏今川は源氏
40 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:46:32 ID:2tG
>>38
面白いな
35 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:45:16 ID:gRy
実戦の場もない江戸以降の刀に性能なんて求められなかったってことか?
37 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:45:58 ID:2tG
>>35
使うにしても街中とか討ち入りぐらいやろ
43 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:47:59 ID:kOi
>>35
かの虎徹は江戸時代やで
作刀時期は4、5代目将軍の頃やけどな
36 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:45:41 ID:LYA
後醍醐天皇とかいう恐らく日本史上最も有名な天皇
42 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:47:35 ID:Tqh
人気なのは動乱や政局が動く時代であって
変革期以外の各時代はどこも人気ないでしょ
47 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:48:59 ID:2tG
いや江戸時代の方が技術進んどるから名刀生まれとるやろたぶん
57 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:51:46 ID:Xd9
>>47
1番よく切れるのが鎌倉時代の作刀という事実
寺社の修繕なんかで鎌倉時代の釘なんかが出てくることあるけど
それ使って作刀するといい刀ができるんやで
64 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:53:16 ID:kOi
日本刀の作刀技術は、今はロストテクノロジーが多いらしいなあ

>>57
吉光も鎌倉時代やなあ
50 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:50:10 ID:GLL
四職とか三管領とか役職名は好き
67 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:54:30 ID:nFO
でも信長登場前の戦国時代は足利将軍だし室町時代って名乗ってええんちゃうか
74 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:56:09 ID:kOi
>>67
足利義昭「ワイかて負けても追われてもずっと足利将軍だったんやで……」
68 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:54:37 ID:LYA
ロストテクノロジーって聞くとワクワクするけど、よーく聞いてみると別にやろうと思えばやれるけど需要亡いからロストしたんやでってなって哀しい
70 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:55:01 ID:fac
鉄はどこやつ使っていたんやろ
鉄剣っていつから始まったんやろ
72 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:55:29 ID:q4e
>>70
紀元前16世紀にヒッタイト人が使ったと
76 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:56:28 ID:fac
>>72
サンキュー世界史ニキ
日本はいつからなんやろな
平安初期は未だ青銅やったはず
80 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:57:35 ID:q4e
>>76
鉄の矢じりとか出て来てるやろ
弥生時代とかちゃうんか
平安時代が青銅はないわ
95 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:59:57 ID:kOi
>>76
鉄剣自体は古墳とかからも出とるで
一般的な日本刀と違って直刀やけどな
73 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:55:48 ID:gRy
ヒッタイトが鉄の起源って説今はちゃうらしいな
79 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:57:26 ID:Xd9
鎌倉幕府はいつ始まったか議論が分かれるが
室町幕府はいつ終わったか議論が分かれる
83 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:58:09 ID:q4e
>>79
足利家が征夷大将軍でなくなったときでええんやないか
99 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:00:46 ID:pmh
>>79
頼朝の全国支配がはじまったのが何とかで1185年が鎌倉幕府開幕って話聞くと
それ他の幕府の終始年代もばらばらになるやんって思うわ
124 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:04:22 ID:kOi
>>99
昔:「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」
今:「いい箱(1185)作ろう鎌倉幕府」

いい箱てなんや
81 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:57:47 ID:gRy
室町幕府と神聖ローマどっちがマシなのか
97 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:00:43 ID:kOi
>>81
応仁の乱と三十年戦争どっちもわかりにくすぎや
123 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:04:13 ID:Xd9
>>97
観応の擾乱のほうがわかりにくい(小声)
135 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:07:05 ID:LYA
>>123
その「わかりにくい」が不人気の原因やろなぁ
90 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:59:11 ID:xCQ
日本文化はだいたい室町時代からだろ
92 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 21:59:42 ID:h9m
>>90
せやね
まだ文化発祥の方が役に立つ
108 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:02:00 ID:2tG
>>90
その辺からの評価は高いやろうな
きらびやかな室町
103 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:01:14 ID:fac
どっかの博物館で刀の歴史とかやってくれないかなぁ
106 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:01:41 ID:mXH
>>103
刀剣展って結構やってない?
115 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:03:05 ID:fac
>>106
名刀展とかあるけど
奈良や平安時代のやつは見たことない
青銅の剣からどないな道を辿って日本刀まで行き着いたか気にはなる
161 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:13:24 ID:kOi
>>115
この間の「特別展京のかたな 匠のわざと雅のこころ」にはあったで
鎌倉時代のも多いなあ

7 国宝 太刀 銘三条(名物三日月宗近) 1口 平安時代 12世紀 東京国立博物館
8 重文 太刀 銘三条 1口 平安時代 12世紀 岐阜・南宮大社
9 重文 太刀 銘宗(以下不明) 1口 平安時代 12世紀 福井・若狭彦神社
10 重文 太刀 銘吉家作 1口 平安〜鎌倉時代 12〜13世紀 京都国立博物館
11 重文 太刀 銘吉家作 1口 平安〜鎌倉時代 12〜13世紀 香雪美術館
12 重美 太刀 銘有成(号石切丸) 1口 平安時代 12世紀 大阪・石切劔箭神社
13 太刀 銘近村 1口 平安時代 12世紀
14 重文 太刀 銘兼永 1口 平安〜鎌倉時代 12〜13世紀 刀剣博物館(公益財団法人日本 美術刀剣保存協会)
15 太刀 銘兼(以下切) 1口 平安〜鎌倉時代 12〜13世紀
16 太刀 銘国永 1口 平安〜鎌倉時代 12〜13世紀
17 太刀 銘国則 1口 平安〜鎌倉時代 12〜13世紀

出品一覧・展示予定表
https://katana2018.jp/image/list_181114.pdf
138 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:07:17 ID:kOi
>>106
ついこの間も「特別展京のかたな 匠のわざと雅のこころ」てのが
京都国立博物館でやっとったなあ
歴代でも上位に入る大盛況やったそうな
109 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:02:30 ID:mXH
鎧着て戦ってて刀の切れ味の良し悪しってそんなに出るもんなのかな?
113 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:03:01 ID:vbE
>>109
基本槍と矢ちゃう
116 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:03:09 ID:h9m
武士から足軽にシフトしていくのも室町の特徴よな
120 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:03:51 ID:fac
>>116
戦術とかも変わったんやろうな
125 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:04:22 ID:mXH
槍も突き殺すってよりは叩き潰すって方が主流だったらしいね
長いとしなるから狙ってもまともに刺せないとか
132 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:06:17 ID:mXH
名刀使ってマグロ解体したい
切れ味どれくらい違うのか
140 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:07:41 ID:fac
そういえば鎌倉時代って刀の接近戦より弓で威嚇しあうイメージ
153 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:10:29 ID:0e4
朝廷が前提だけど征夷大将軍と後何かひとつ忘れたけど役職で幕府を開ける権限があったんだったか
159 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:13:03 ID:5w0
>>153
征夷大将軍=幕府 やないからな
もともと征夷大将軍は蝦夷討伐軍のトップなだけや
それに付随して軍を維持するために徴税権やらがついてるだけ
164 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:14:17 ID:0e4
>>159
軍維持のための徴税権だったのねサンガツ
176 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:16:52 ID:5w0
>>164
せやな

頼朝「奥州藤原氏(鎮守府将軍)たおすから大将軍くれや」
朝廷「おかのした。おっこの征夷大将軍てのええやん」


てことで頼朝(武士の棟梁)と征夷大将軍が結び付いたんや
182 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:18:01 ID:0e4
>>176
清衡から始まる東北藤原氏かわいそう
>>180
上に施策あれば下に対策ありってのは古来からなんやなあ
189 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:19:08 ID:5w0
>>182
刀や鉄砲って何も反乱に使うだけやないしな
農作物荒らす害獣追い払ったり村の中の治安維持に使ったり
200 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:21:23 ID:kOi
>>189
昔やとオオカミもおるし、クマも今以上にいたやろなあ
人間相手かて盗賊もおったやろうし
157 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:12:29 ID:LYA
戦国時代かて一般人からすれば信長秀吉家康の時代で北条早雲なんて知らんだろうし
結局主人公になれる有名人がいるかどうかやな
162 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:13:34 ID:Xd9
>>157
関東や駿河の人間なら北条早雲は知ってるで
160 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:13:15 ID:mXH
一番のスターは義満でええんか?
なんか地味やな
166 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:14:29 ID:h9m
義教って話題にならないよなあ
話題性は十分あるのに
167 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:14:58 ID:gRy
>>166
恐怖政治した人か
170 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:15:24 ID:Xd9
>>167
くじ引きで将軍になった人やろ
171 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:15:26 ID:2tG
農民ですら刀持ってた怖い時代やぞ
174 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:16:17 ID:Xd9
>>171
秀吉の刀狩までは農民=武士やったんやで
181 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:17:48 ID:2tG
>>174
イコール武士ではないやろ
なんでそんな刀が普及したのかっていう
194 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:20:19 ID:kOi
>>171
落ち武者狩りの農民がヤベェってのは
「衛府の七忍」(シグルイの人の戦国漫画)でも描かれとったなあ
183 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:18:30 ID:AVQ
日蓮宗とかいう宗教が都会で流行ってたり
味噌食べ始めて料理が美味しくなった時代やね
187 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:19:00 ID:mXH
>>183
タイムスリップするにしても味噌と醤油のできる前の時代では暮らしたくねーわ
258 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:33:49 ID:5w0
室町時代をモデルにした作品で一番有名なのは忍たま乱太郎やろ
259 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:34:05 ID:LYA
室町タイムスリップで地味に嫌なのは食事の不味さやろなぁ
299 :名無しさん@おーぷん 2018/12/15(土) 22:51:51 ID:gNC
戦国時代のうち結構な割合が室町時代やから普通に覚えてるやろ

1 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:18:08.17 ID:ddpS9Pgb0.net
ローマ軍の1日の規定行軍速度 15マイル(約25km)

強行軍で20〜30マイル


ええんかお前ら…
2 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:18:38.48 ID:HN192ldkd.net
ローマ軍ブラックやな
4 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:19:09.73 ID:ex6ih+aqd.net
ローマは道が舗装されてるから…
498 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:14:59.54 ID:ddpS9Pgb0.net
>>475
サーサーン朝潰したら不毛のアラビア半島から謎の新興宗教集団が出てきた時の流れすき
5 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:19:12.87 ID:s/J99k8RM.net
ローマ帝国は道路整備してたが
日本はね
6 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:19:24.53 ID:LYrEDZ3S0.net
歩く時間より準備する時間やで
飯も用意せな
7 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:19:32.23 ID:fHdCPBo4a.net
で北畠顕家は?
56 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:25:29.63 ID:xjyt9z91M.net
>>7
青森出発して10日で足利軍ぶっ倒して鎌倉に到着や
9 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:19:36.78 ID:+hLLfwXUa.net
ローマ軍は戦争するときまず道路作り始めるからな
11 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:19:45.32 ID:ex6ih+aqd.net
よくよく考えたら10世紀前の国より道が劣ってるっておかしいな
64 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:26:34.92 ID:2S6TaMF6a.net
>>11
日本の国土はほぼ山やで
142 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:34:01.38 ID:LX6U9BkZd.net
>>11
ローマはおかしい
あと50年もってたら産業革命はじめてた文明や
179 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:39:25.67 ID:Xf1bv9MpM.net
>>142
50年は流石に無理やろ200年はいる
供給側より前に需要のミスマッチで工業化が止まる
201 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:42:06.34 ID:WaY6oyAra.net
>>179
鉄道輸送とか嬉々として発展させそうだけど
212 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:42:57.42 ID:LX6U9BkZd.net
>>201
電車一本で大陸旅行できてそうやな
13 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:20:10.32 ID:Ifnkcf830.net
敵と対峙中から不測の事態で急遽引き返すのと
最初から100km行軍すること前提での移動は違うやろ
15 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:20:18.45 ID:MztPC8cvM.net
マセナ「ほーん」

4日で3つの戦闘に参加し100km踏破する
24 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:21:29.68 ID:ddpS9Pgb0.net
>>15

おかしなことやっとる
17 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:20:44.45 ID:r5DXOzrJ0.net
秀吉は11日間じゃなくて12日間で走破したのが最近の主流になってる
20 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:21:04.42 ID:0QareHng0.net
秀吉が黒幕なんやから素早く動くのなんて余裕やろ
22 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:21:15.20 ID:amiN8Y/Qa.net
夏侯淵「ほーん」←3日で500km、6日で1000km
34 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:23:16.28 ID:c4gi/D2aa.net
>>22
やっぱ広いなあ中国
184 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:40:03.48 ID:hZp9qqT+0.net
>>22
五百里は200kmやぞ
26 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:22:09.99 ID:+hLLfwXUa.net
武器と鎧と荷物合わせて20kgぐらいを運びながらの25kmだから大変やろな
37 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:23:27.99 ID:Auaky7rmp.net
>>26
船で宅配やぞ
27 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:22:17.40 ID:/4JaduNOa.net
道路を直線で作りたいがために山をガッツリ削るキチガイ国家
38 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:23:29.10 ID:ex6ih+aqd.net
>>27
マイクラかな?
59 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:25:43.79 ID:/4JaduNOa.net
>>38
相手方攻めるのにも道路作りながら行軍するとか確かにマイクラっぽい
砦も作っちゃうし
90 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:28:58.56 ID:ex6ih+aqd.net
>>59
山切り崩して道路作りながら、しかも素早く進軍ってローマ市民の能力すごいな
伊達に派遣を握ってないわ
28 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:22:34.46 ID:7TGq4X0BH.net
1日10キロも歩けてないんか…
クッソ遅いやん秀吉
31 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:22:55.56 ID:T/24erKc0.net
>>28
荷物沢山あるから(震え声)
36 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:23:24.39 ID:nHeYs4q00.net
実際は僅かな先鋒しか到着してなくて大半はあとから来たぞ
51 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:24:48.39 ID:9mQp8q6Ua.net
秀吉は本能寺の何日後に信長討死を知ったんやろ
60 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:26:12.29 ID:LZUpIR70d.net
なお、本能寺の変(6月2日)の一報の伝達速度
安土  当日午前
家康  当日昼
堺   当日午後
羽柴  1日(深夜)
毛利  2日
柴田  3日
上杉  5日
滝川  5〜7日
北条  9日

小野寺 8月1日時点で伝わっておらず
185 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:40:10.35 ID:LBj+w01Xa.net
>>60
小野寺って山形やっけ?
195 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:41:41.65 ID:MdtQgVS5p.net
>>185
秋田の横手とかそのへん
451 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:08:57.86 ID:6Ks6tO4gp.net
>>60
これガセだと疑わんかったんかな
なんらかの信用するシステムがあるんかな
461 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:10:35.88 ID:q268KyNN0.net
>>451
一報だけなら疑うだろうけど
違う情報筋から何通も届くからね
465 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:11:12.51 ID:kFf2bSGka.net
>>451
そのリスクすら無視して決断したのも凄い事なんやで
63 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:26:27.31 ID:S/ZeUAng0.net
北畠顕家とかも五万の大軍で一日30km進軍したらしいけど、
大軍過ぎて兵糧の徴発が追い付かないから、常に次の収奪地を求めて進軍し続けなきゃいけなかった結果、アホみたいに速い進軍速度になったらしい
81 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:28:24.76 ID:9jubNMf3d.net
>>63
イナゴかな
65 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:26:37.48 ID:vuS+Ym/h0.net
メロス「ほーん」太陽の沈む10倍の速さ
104 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:30:10.91 ID:EzCc8gt9d.net
>>65
友達を生け贄にしておきながらやる気出さないカス
118 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:31:27.10 ID:vuS+Ym/h0.net
>>104
死力出したの瀬戸際の瀬戸際やしな

40km程度だったんやっけ
王様のおうちからメロスの故郷って
68 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:26:54.94 ID:ddpS9Pgb0.net
ローマ軍の宿営他跡がヨーロッパの古都市の原型だし、まあ多少はね
70 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:27:01.17 ID:+44zVOA9F.net
現代の歩兵はどんな感じなん?
80 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:28:21.76 ID:/IWWQSikM.net
>>70
完全自動車化されてるから基本歩かないけど訓練では40キロぐらい背負って30キロぐらいは歩くで
93 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:29:12.98 ID:+hLLfwXUa.net
>>80
現代の歩兵のフル装備って昔の全身鎧より重いらしいな
131 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:32:42.31 ID:1FE6qA9W0.net
>>93
今どきのバックパックなんかは体感重量かなり軽減出来るようになってるらしいで
身体との間にクッション挟むだけでも楽なんやと
重量物による疲労って身体の上下による位置エネルギーの変動が凄まじく負担デカいそうや
252 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:48:08.37 ID:+hLLfwXUa.net
>>131
鎧も高級なやつはオーダーメイドで体にフィットするように作られてたらしいな

同じ重さのものを肩とか腰にぶらさげてみるととても動けんけど鎧なら普通に動けるとか
89 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:28:57.56 ID:ddpS9Pgb0.net
>>70
近現代の歩兵も25kmやな
組織的な行軍速度はこれが限界っぽい
448 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:08:29.14 ID:Vh2P+6DDM.net
>>89
1日6時間進軍するとして、時速4km

遊びながら歩いてるのかな?
453 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:09:21.78 ID:OiYDgL0gd.net
>>448
一人ならエエけど何千人何万人もいると先頭と最後尾で数時間差ができるから
71 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:27:07.16 ID:/IWWQSikM.net
ワイフルマラソン4時間切り高みの見物
97 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:29:27.06 ID:G430WyIl0.net
>>71
箱根駅伝もびっくりの山登りがあるのにスピードコースでいくら走れても無意味やろ
77 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:27:44.24 ID:9jubNMf3d.net
千里将軍夏侯淵すき
88 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:28:46.47 ID:2S6TaMF6a.net
>>77
三日で500里ってドンクライ?
99 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:29:35.97 ID:IqC2DsY7a.net
>>88
500里≒2千キロ
106 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:30:18.69 ID:+hLLfwXUa.net
>>99
三国時代の中国の里ってもっと短いんじゃなかったっけ
130 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:32:40.73 ID:IqC2DsY7a.net
>>106
>>112
すまん中国の里はだいたい500mやったわ
250000mで250kmやな
83 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:28:28.51 ID:rb0AYBi3a.net
ローマのインフラがガチなの分かるけど
それにしても速いのう
108 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:30:30.60 ID:yiI/oc/p0.net
古代ローマとかいう意味不明な技術を持つ奴ら
146 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:34:38.79 ID:q268KyNN0.net
>>108
ローマはインフラ関係大好き国家やからしゃーない
117 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:31:25.18 ID:5Dc4FVG7M.net
なんで無理な行軍してる疲れてる相手に迎え撃つ側が負けるんや
140 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:33:46.23 ID:2S6TaMF6a.net
>>117
迎え撃つ言うても信長殺しただけでグチャグチャの状態やぞ
ある程度時間があればもっと態勢整ったけどそのはずの時間が潰されたんや
147 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:34:58.09 ID:sD6BpbOQa.net
>>140
それでも光秀自身の精鋭はおったやん
最後まで裏切らなかったし
160 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:36:35.26 ID:2S6TaMF6a.net
>>147
秀吉の精鋭アンド織田正規軍やぞ
164 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:37:01.19 ID:nYeNm2hi0.net
>>147
敵がサルだけならな
モタついてたとはいえ柴田にも警戒しとかんといかんし
173 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:38:27.57 ID:kFf2bSGka.net
>>164
そもそも主君殺しやから軍のモチベがダンチやろ
精鋭以前の問題やわ
133 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:32:51.79 ID:pnvNs71Q0.net
范増(70歳)、項梁に進言するために400キロを走破(東京から岩手の距離に匹敵)。
152 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:35:55.08 ID:6mKxRsI5d.net
>>133
流石に徒歩じゃなくて馬やろ
まあ老人でもこの距離は凄いが
157 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:36:17.18 ID:4hIV+GHua.net
柴田「うーん光秀どこにいるかわからんわ…」
172 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:37:54.09 ID:aZI5wZHI0.net
>>157
最近その書状見つかってたな
180 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:39:27.68 ID:4hIV+GHua.net
>>172
未だにこういうのがみつからおもろいよな
187 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:40:38.83 ID:+rC9ck8Ya.net
>>180
書状が民家から出てくるのすごいわ
なんでそんなんもってんねん
176 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:38:55.71 ID:DZUApkf/0.net
本能寺の変の影響で駿河と武田領ががら空きになって
一気に天下人の豊臣とタイマン張れる大大名にステップアップした家康とかいう都合の良すぎる男
183 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:39:59.86 ID:aZI5wZHI0.net
>>176
伊賀越えでいつ死んでもおかしくなかったから多少はね?
186 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:40:30.39 ID:EeGw6aTjr.net
滝川一益という無能
193 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:41:37.37 ID:ddpS9Pgb0.net
>>186
輸送力=文化経済力の侵略でもあるし、まあ多少はね
199 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:41:54.71 ID:Y/ymAs2Z0.net
>>186
あの時既に爺さんなんだから無茶言うな
194 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:41:38.79 ID:YwnH9yZhd.net
マラソン選手なら二時間かからん距離やん
それを一日で移動とか余裕すぎちゃう?
208 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:42:37.02 ID:+rC9ck8Ya.net
>>194
松尾芭蕉とか一日50kmくらい移動してたらしいな
198 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:41:52.77 ID:Ih+Ynvaxa.net
でも整備されて道がええってことは攻め込まれるのも容易ってことよな
244 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:47:00.27 ID:O/jU3DefM.net
>>198
カエサル「どうせ攻め込んてくる敵おらんし邪魔やからローマの城壁も撤去しておいたぞ」
200 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:42:00.78 ID:MdtQgVS50.net
昔の人「相手は海からくると思い込んでるからアルプス山脈超えたろ!w」
207 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:42:35.56 ID:kFf2bSGka.net
>>200
大砲も運べとか言う無茶振り
219 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:44:08.55 ID:1i+Mvs4u0.net
光秀(ここで突然裏切ったらどうなるんやろ…?)
222 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:44:35.26 ID:W6Hrwp6MM.net
大返しって移動速度じゃなくて変から移動開始までの速さが凄いんじゃないの?
229 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:45:10.17 ID:aZI5wZHI0.net
>>222
両方やで
246 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:47:20.99 ID:q268KyNN0.net
>>222
そうやで
毛利と和平交渉してその後始末をした上で
周囲を警戒しつつ兵糧やらの強行軍の手配をせないかんし
各地の武将との外交までこなさないといけない
271 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:49:37.21 ID:kFf2bSGka.net
>>246
配給も神懸かっとったんやろ?
行く先々でおにぎり完備とかどんだけ手はずええねん
294 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:51:58.90 ID:64ac5/Pha.net
>>271
元々信長が秀吉の所まで援軍という名の視察に来る予定だったという話
273 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:49:51.09 ID:LX6U9BkZd.net
>>246
毛利にトドメ刺すんはやっぱ総大将の信長さまやないとなーで街道沿線の準備してたんが活きたのはほんま行幸やったと思う
231 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:45:42.40 ID:MdtQgVS50.net
光秀「柴田は上杉、秀吉は毛利にくぎづけ 細川と筒井はダチやから畿内制圧余裕やろなぁ」
233 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:45:50.97 ID:C+8U06nU0.net
徳川秀忠「関ヶ原みたいに遅刻したくないから全速力で東海道駆け抜けて大坂行くで!」
235 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:46:08.34 ID:aZI5wZHI0.net
>>233
なお
243 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:46:53.80 ID:1i+Mvs4u0.net
>>235
大坂の陣か?
ワイこの話知らん
254 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:48:13.90 ID:MdtQgVS50.net
>>243
全速力で京まで来たせいで家康に
くたくたに疲れた兵と倒れた馬で戦ができるか!たわけうつけまぬけ!って怒られる
260 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:48:50.64 ID:1i+Mvs4u0.net
>>254
>>255
249 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:47:55.47 ID:ddpS9Pgb0.net
本能寺の黒幕だからすぐ移動出来た説

中国攻略が余裕やったからノッブ迎える用意してあってそれが大返しの速度に繋がった説

いずれにせよ周到な準備なしに大返しは不可能や
266 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:49:14.37 ID:Sp9rEbdr0.net
織田信長「迅速に兵を移動させるために道整備したろ!」

徳川家康「江戸に攻め込まれないように道細いままにしたろ!」

なぜなのか
281 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:50:32.06 ID:UOZbRe2+0.net
>>266
天下を取る過程の人と
乱世を起こさせない人の
考え方の違いちゃうか?
290 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:51:39.85 ID:q268KyNN0.net
>>281
まんま革新志向と保守志向だしな
この二人
283 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:50:56.47 ID:EkuXw0Lod.net
>>266
後の時代の人間としてはノッブの方がええわ
東京の道や都市整備がグッチャグチャなの半分くらい家康のせいやろ
大手町だけはキレイやけど
318 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:54:55.20 ID:qDC8wuN/a.net
>>283
全体が碁盤の目じゃないだけで江戸時代からある地区は地区ごとには道整ってるぞ
398 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:02:14.25 ID:GiumNy2Fd.net
>>318
というか山手線東側は区画整ってるよな、東京駅や日本橋に銀座と
明治以降に開発された上、谷やら台地で土地の高低差もきつい山手線西側がグッチャグチャなんや
池袋新宿渋谷も発展したの大正昭和からやろ
278 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:50:22.00 ID:BUPFToR70.net
光秀が思ってたより爺でびっくりしたわ ソースはマンガ
295 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:51:59.88 ID:omRZ+k8Yd.net
>>278
信長の野望で本能寺の変起こしてもジジイやから早めに死ぬんよな
279 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:50:26.96 ID:5PtAcO5C0.net
秀吉黒幕説はアホすぎるw

あんな運ゲーを計算に入れてたら天下なんかとれんわ
312 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:53:58.04 ID:xUkzjotUK.net
>>279
そんなん言うたら桶狭間なんかノッブ本人ですらあれはツイてただけやと認めとるくらいの運ゲーやし
花の慶次の秀吉やないが天下人は天が決めるってことやで
382 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:00:51.77 ID:UOZbRe2+0.net
>>312
そもそもノッブと秀吉と家康の3人はなろう主人公ばりのご都合主義やで
289 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:51:37.71 ID:oWxKX60MM.net
昔の人「18kmの壁で敵囲ったろ!」
昔の人「あかん外から敵来たわ…外向きにも作れば最強やん!」


302 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:52:26.45 ID:2GaWKa2K0.net
>>289
どうせカエサルやろうと思ったらやっぱりそうだった
291 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:51:49.77 ID:CG9TTC4Ya.net
飛脚走りやっけ?ロストテクノロジーになってるの
昔の人たち体強すぎやろ…
292 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:51:52.25 ID:LhWxYqzw0.net
40km走っただけで死んだやつwwwwww
299 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:52:11.39 ID:DZUApkf/0.net
4万人が移動すると4万人分の飯もいるし
4万人分のウンコションベンも処理せなあかん
4万人分の寝床や薪炭も要る
その手配を早急に整えるとか頭痛いで
今やったら電話もメールもエクセルもあるが
当時そんなもんないし
307 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:53:39.00 ID:JIf4sJgsp.net
>>299
大和魂があれば余裕
315 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:54:22.88 ID:LX6U9BkZd.net
大返しのとき、あんだけ女好きの秀吉がいく先々の女に見向きもしてなくて周りがこれガチなんや・・・て改めて感じて気を引き締めた話狂おしくすこ
355 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:57:41.42 ID:2lDz/t+ud.net
>>315
ええな
325 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:55:21.39 ID:mknyHqI0p.net
猿って有能なんか無能なんかわかりづらい
猿って呼ばれてるせいかもしらんけど
338 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:56:24.00 ID:Sp9rEbdr0.net
>>325
天下取るまではすんごい有能
晩年は老害の見本や
350 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:57:24.35 ID:wJQ7h0T1a.net
>>338
痴呆出てたって話はどうなんやろなぁ
372 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:59:25.95 ID:S/ZeUAng0.net
>>350
信長も死ぬ前あたりは特に気の短い逸話が多くなってて、糖尿病説とかあるの何なんやろな
326 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:55:23.20 ID:sQpZBM4Ya.net
実際には毛利の追撃を警戒して、堤を決壊させたあとも岡山城までの3日間はかなりゆっくり進撃していた
その後岡山から姫路までの70キロ以上を1日で踏破したのはすごかったが
327 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:55:26.28 ID:xqP6QgI5d.net
道沿いの民家に金払って飯用意させてたんやろ?
345 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:56:52.57 ID:MdtQgVS50.net
>>327
道中の民家に金をばらまき
姫路についたら兵士たちに軍資金全部あげて
山崎の民には年貢を免除することを約束
下準備の鬼やで秀吉は
331 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:56:06.30 ID:bbLNsAcR0.net
大返し行程
6月5日夜半or未明 高松城出発
6月6日 高松城〜沼城(野殿経由)(約22km)
6月7日〜8日 沼城〜姫路城(約70km)
6月9日 姫路城〜明石(約35km)
6月10日 明石〜兵庫(約18km)
6月11日 兵庫〜尼崎(約26km)
6月12日 尼崎〜富田(約23km)
6月13日 富田〜山崎(約6km)
347 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:57:06.63 ID:BCGjrX5mp.net
>>331
最後の方力蓄えてて草
336 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 12:56:23.36 ID:pLWgi0mg0.net
イベリア半島から象連れてガチのアルプス越えさせたハンニバル
コンスタンティノポリス攻略のために船に山越えさせたメフメト2世

ロマンあるわ
416 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:04:17.51 ID:jdNHbpRp0.net
全ての道はローマに通ず
524 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:18:04.17 ID:e9SMhiYb0.net
ローマはホントなんで滅びたんや
528 :風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:18:22.72 ID:+rC9ck8Ya.net
>>524
平和ボケしすぎた

1 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:24:15.97 ID:pkP3sNHHH.net
2 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:24:26.02 ID:pkP3sNHHH.net
3 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:24:32.58 ID:pkP3sNHHH.net
270 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:56:03.12 ID:MnEPV7nW0.net
キリストは犯罪者が赦されるためにあるんか
99 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:35:14.49 ID:IsvMKaBV0.net
そもそもキリスト教徒の多い国が爆撃で報復してるので説得力無いわ
117 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:36:49.80 ID:TPapi8I8a.net
イキリスト教
166 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:41:27.49 ID:CUHZy+Vt0.net
キリスト教国が軒並み好戦的なんだからええやろ
342 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 15:04:12.40 ID:TpOHZirt0.net
父親が隣人を愛していればこうはならんかった訳やな
434 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 15:17:00.37 ID:0b5u1vtka.net
苦しむ人間の傷口に塩を塗り付けるだけの宗教に価値は無い
493 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 15:24:38.44 ID:RLSfj5wWM.net
普段きれい事ばっかり言ってる左翼と被るわ
5 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:24:54.00 ID:9HdZ2Jli0.net
キリスト教なら加害者が懺悔したら許すんか?
19 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:26:40.95 ID:pbY9d210r.net
>>5
許すぞ
自分を十字架につける処刑人の許しの為に祈る教祖やからな
151 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:39:57.19 ID:M+GAdK9L0.net
>>5
なんか映画であったな
殺人事件の被害者がやっと犯人を許せるようになって会いに行ったら
「私はキリスト教に目覚め、その時に神に赦されました」
って言われてブチ切れるってやつ
334 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 15:03:20.10 ID:p4MbExc8p.net
>>151
凶悪やろ、ピエール瀧の
25 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:27:25.32 ID:kupvDDgI0.net
結局どんなえらそうなこといってても

いざ自分のこととなるとこうなっちゃうんだよな
28 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:27:32.43 ID:7Wx9tN7ua.net
35 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:28:12.25 ID:h/WgSXKm0.net
>>28
サンキュー兄貴
42 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:28:34.33 ID:mERrMGb7d.net
>>28
ジョジョ4部までしか読んだことないけどカッコいいなこの台詞
72 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:31:46.11 ID:kkaQCbOpr.net
>>28
やっぱ6部の女キャラかっけえわ
34 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:28:03.87 ID:vv9Vnl560.net
先に言葉で煽ったのはこいつの親だよね


口は災いのもと的なこと教えてくれないのキリストは
37 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:28:15.76 ID:WtJmnGGDp.net
目には目を、歯には歯をって、聖書じゃなかったっけ?
54 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:29:45.00 ID:ogYKc8qlr.net
>>37
キリスト「お前らは目には目を、歯には歯をと聞いとるな?けどワイは「右の頬を撃たれたら左の頬も差し出せ」と言うで。」

新訳の有名な山上の垂訓や
98 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:34:56.15 ID:mERrMGb7d.net
>>37
>>71
聖書にも「目には目を」は書いてあるぞ
旧約だけどな
わざわざイエスが>>54のように言うのは、ユダヤ人の教義(十戒をはじめとするトーラー)がそうだったから、それを自己流に更新するため
90 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:33:49.52 ID:WjaQ+zCE0.net
>>37
ハムラビ法典じゃねーか
214 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:49:24.10 ID:5+qIUufsM.net
>>37
あれは復讐を肯定するじゃなくて、誰かを傷つけたりしたら同じ価値のもので償いをしなさいって律法や
89 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:33:37.79
死刑反対派と同じ論理で草

他人の事件の死刑には反対だが
私に危害を加える奴は死刑!
91 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:33:56.61 ID:8BL5MbQK0.net
日本語が所々おかしいのが生々しい
考えるだけではらわたが煮えくりかえるんやろな
104 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:35:29.47 ID:IM/p1/u4d.net
裁判では、事故のあと石橋被告が書いていた謝罪文の内容も読み上げられました。
その中の「こんなことを言うのは良くないですが、事故がなければ、元交際相手の女性と結婚する予定でした。この事故をお許しください」という文面について、弁護人が「遺族がこれを見たらどう思う?」とたずねると、石橋被告は「怒りますね」と答えました。

こんなに反省しとるんやぞ😡
111 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:36:16.22 ID:e5rsm6GE0.net
>>104
煽りカスで草
112 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:36:24.30 ID:iV3nHYa60.net
>>104
弁護士も弁護放棄しとるやろこれ
128 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:37:41.85 ID:aHUPQCfw0.net
>>112
より重い刑を引き出そうとする有能やぞ
156 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:40:17.78 ID:qzogaau7a.net
何が許しなさいやねん
キリカスなんて何の罪もないインディアンやアボリジニを大虐殺してきとるやんけ
159 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:40:48.36 ID:uIHxcQwo0.net
>>156
これ
168 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:41:32.34 ID:jK1wmSiLd.net
>>156
キリスト教徒でないことは重い罪なのですが…
170 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:41:39.10 ID:z5whOXPEd.net
>>156
約束の地を手に入れるための戦いにでもすり替えたんじゃねーかな
177 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:42:53.17 ID:0SswQpZ60.net
>>156
キリスト教徒以外は人間じゃないのでセーフ
186 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:44:30.44 ID:0b5u1vtka.net
被害者感情を救わないキリカスの教えなんぞ捨てたらええ
司法の厳罰こそが遺族の心を癒やすんや
201 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:46:36.63 ID:5pdaM0qbd.net
>>186
そもそも磔パフォだけで未だに崇拝されてるのが謎やわ
217 :風吹けば名無し 2018/12/10(月) 14:49:35.41 ID:0b5u1vtka.net
>>201
あいつの功績は布教中に流行ってた宗教の無駄な強迫観念の除去くらいのもんやろ
後世の弟子らはキリカスの教えをええように使って台無しにするし、むしろこの場合はこの子の心の正義が一番正しいわ

このページのトップヘ