1 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/15(日) 13:37:40 ID:guG
今回のコンセプトは「羊飼い」だ!

一応簡単にスペック書いとく

27歳
動物連れて1000kmくらい外国を野宿旅する系の冒険家
前スレ : http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1521814810/

なぜこの冒険をわざわざキルギスでやろうと思ったかについては、今明かせないので後程語ろうと思う
ただ、動物を連れる冒険家として、家畜としては最高難易度である羊を連れた冒険をやってみたいと漠然と考えていたというのも理由の一つだ

羊や山羊は、馬やロバと違い「一緒に歩く」という事が不可能だ
一部の人間慣れしている山羊を除き、彼らは人間含め追いかけてくる存在から逃げる習性があるので、並んで歩くことはもちろん後ろを付いてこさせることすら不可能だ
常に人間から逃げようとするし、特に羊は体重が60kgほどあるので扱うのも非常に難しい

また、群れで行動する生き物なので周りに仲間がいない時はその場から動こうとしないから、その点も地味にやっかいだ

……あれ、企画段階で詰んでる気がするけど、気のせいだろうか……

……まあ、ともあれ、まずは情報収集だ!!
おれはナリン(キルギス南部の田舎都市)やビシュケク(首都)で、色々な人に羊について聞いて回ることにした


【8月開始】おれの冒険譚がWeb連載することになったんだぜ!【新潮社】
新潮社のウェブマガジン「Webでも考える人」にて、単行本化も視野に入れた連載をさせて貰えることになった次第だ!
Webでも考える人 : http://kangaeruhito.jp/

内容はこの羊編も含めたキルギス編だけど、品質は新潮社クオリティになるわけだからおーぷんのこれとは完全に別物になるだろうなw
タイトルやらバナーやらはまだだけど、原稿は書き上がってて編集さんたちとも共有してるから楽しみにしててくれ!
8月上旬に連載開始予定だ!


Twitterアカウント(告知専用) : https://twitter.com/go_haruma

書籍情報 -「行商人に憧れて、ロバとモロッコを1000km歩いた男の冒険」- (公式HP) : https://go-haruma.blogspot.jp/p/book.html

Amazon欲しいものリスト
(ソーラーパネルからの充電が可能な、4K撮影のできる折りたたみドローンを買う為のご支援を募集しています。「500円くらいならやるからしっかり綺麗な空撮して来いよな」と言ってくれる神様のような優しい方、いらっしゃいましたらどうぞ宜しくお願い致します。)
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/3UA8R3LZI4IND
2 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/15(日) 13:39:16 ID:guG
ちなみに今回は1週間ほどで書ききる予定だ!!

つづき
「羊と歩く? ……いや、無理でしょ」
とか、
「羊はね、馬とは違うの。 だから、一緒に旅するなんてできるわけないの。 分かる?」
とか、
「ダメダメ、羊は群れで行動するんだから、群れごと30匹くらい買わないと不可能だ」
とか……
誰一人として「いけるかもしれないな、応援するよ!」と言う人はいなかった
……ちょっと悲しいw

モロッコでロバ達と1000kmキャラバン旅をした時は、ここまで否定されなかったが、やはり相棒の動物が羊という点が問題なようだ

もちろん、否定されたからといって諦めるつもりは全くない

おれの中ではそこそこに勝算があったし、それにおれは冒険家だ
誰もが無意識に思考停止をして「無理だ」と考えている「思考限界の先にある未知領域」を開拓して伝えることだって、冒険家の役割だろう

……という訳で、ビシュケク郊外にて、羊を購入することにした

羊飼いに連れられ羊を見に行く
遊牧中の羊の中から選ぶ形になったのであまりしっかりは選べなかったが、「すぐに食用として売れてしまいそうな、できるだけ元気が良くて脂肪を蓄えた羊を」と伝えて捕まえてもらった
羊を捕まえるのはかなり難しいので羊の選別はほぼお任せになるけど、まあ、これも一期一会の巡り合わせってやつだ

そして相棒が決定!
黒羊と白羊だ
値段は1匹5000ソム。2匹で1万6千円程だ
「羊は単独では動かない」という問題を解決するため、2匹購入することにした

黒い方が少しだけ大きく、頭のてっぺんだけ白かった
白い方は比較的小柄で、おとなし目だ

……てか、重いwww
大人二人で車に乗せるのに苦戦したので、1匹辺り60kgほどありそうだ
3 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 13:41:04 ID:gOe
生き物は食料にするならいいが有効にな?
4 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/15(日) 13:51:22 ID:guG
>>3
誰にとって有効に活用すればいいんだ? 縛って殺して食料にするのならいいのか?

つづき
そして帰り道
この羊たちの飼い主はなかなか面倒な男で、帰りの車の中で
「羊を2匹だけ連れて旅なんて出来るわけがない
おれは一切協力しないし知らないけど、勝手にしなよ?」
とか、
「君はどうしてそれが可能だと思うんだ?
道中食事は?寝る場所は?やってどうなるんだ?
……まったく意味が分からないwww」
とか、ニヤニヤしながら言い続けてきた

完全にバカにしている様子だ

ちなみに前半については「2匹いれば可能だとおれは思う」、後半については「おれはもう何千キロも動物たちと野宿旅してるんだ。 あなたには無理に思えてもおれは可能だって知ってるんだ。
なぜやるかについては、冒険を終えた時にめちゃくちゃ綺麗でめちゃくちゃ素敵なものが手に入るって知ってるからやるんだよ」と返事した

きちんと返答をしたにも関わらず、男はその後何度も同じことを言い続けた
1度や2度ならいいけど5分おきくらいで話しかけてきて、かなりうざかった

もう購入済みなんだからほっといてくれって感じなんだが……

……しかたない、今日中に結果出してこのおじさん黙らせよう!
と、おれは心に誓った

パラコード(引っ張る力に対しては200kgまで耐えられる頑丈な紐)を使って羊同士をつなぎ、手綱を作製
少し羊小屋で練習をしてから実際の道路へ

今回の冒険での目標は1日20kmなので、今日は5km歩くのにかかる時間を計測する予定だ

さて、安全そうな田舎道を選び、出発!
5 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 13:55:12 ID:OrG
あらたな冒険がはじまったか
10 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/15(日) 14:12:04 ID:guG
>>5
ああ、しかも羊編は数万字レベルで多少はボリュームあるから楽しみにしててくれ!

>>6
質問とかあれば、どしどしレスしてくれ!!

>>7
そうそう、お尻の脂肪が揺れて超かわいいんだよなぁ!
動画見せたいんだけど、スレに直接貼れないからめんどうなんだよな……
どこに上げようか……

つづき
手綱をしっかり持って後ろから羊たちを追い立てる
急かす時や方向転換が必要な場合は事前に作成していた1mの長い鞭を地面に叩きつけ、意図を伝える
主に黒い方が先導し、白い方がそれに続く

……いける……けど、こいつら力強すぎだろ!

2匹とも小走りした時はすごい力で、おれが引きずられるように進むことになる
かなり踏ん張る姿勢を取らないと止められない
鞭を使うタイミング(もちろん直接叩くわけではなく、地面を叩くことで「そっちはいっちゃダメだ!」と指示するだけだ)や叩く地面の位置決定が難しそうだ
下手に鞭を使うと小走りし始めるので、かなり引っ張られてしまう
当然その分羊にも負担がかかっているだろうし、避けるべきだ

そして、曲がり角や分かれ道、でこぼこ道や道路などを一通り通過し、なんなく5km完走!
時計を確認すると、なんと出発してから1時間しか経っていない!

え、いけるやん……

一時間、しかも少し空腹の状態で連れ出したにもかかわらず羊たちは道草を食わずに歩き続けてくれた
これなら一日最大20kmの目標値は楽勝だろう

いつも言われることではあるけど、特に今回の冒険では企画段階で何人もの現地人から「不可能だ」なんて言われていた
やはり、何事もやってみないと分からないということだろう

ただ、馬やロバよりも扱いが難しいのは間違いないので、これまでの経験がなかったら不可能だった可能性はあるだろう
もう何千キロも動物と冒険してるわけだから、おれは総合的にみて動物を扱うことにかけては牧畜を行う現地の人々よりも経験値が溜まっている状態なのかもしれない

その後、羊たちを羊小屋に戻し、夕食を食べて就寝
ちなみに1時間で5km歩けたことを話すと、おっさんは「それ、可能だったのか……」と呟き、それ以後バカにして来なくなった

ちなみに、羊たちの名前は散歩後考えて決めた

黒い羊は頭だけ白いので「白い頭」という意味のキルギス語「アクカシュカ」を縮めて『アカシュ』
白い羊は「おとなしい」という意味のキルギス語「サナースズ」を縮めて『サナ』だ!

よろしくな、アカシュ、サナ!!
6 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 14:00:28 ID:N5z
初めてリアルタイムで観れて感動してる
8 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 14:09:26 ID:vQO
すげー!!!
9 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 14:11:42 ID:fh2
キター!
15 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 14:19:07 ID:OrG
牽引力が半端内と
27 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 16:08:32 ID:Qrb
多いな人
twitterから来たのかな
56 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 19:01:26 ID:Pwg
煽りじゃなくてぶぶ漬けっての食べてみたい!
どんなんだろ?普通のお茶漬けみたいなもんなのかな?
旅の話と関係なくてすまん
59 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 21:56:53 ID:BIy
羊にはいるんだ。。所有証明。。
不思議の国!キルギス!!
68 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/15(日) 22:38:17 ID:guG
>>59
簡単に盗めるからだろうなw

>>60
うん、めちゃくちゃ強いし、車に乗せるにしても一人じゃ無理だ、暴れるしw

>>61,>>62
プレッソォ!!!



これが……



こうなった!!


>>65
ミルクキャラバンwww
残念、おれ山羊ミルクは苦手なんだw

>>66
日本で均一な飼料を与えられている羊だとそんな事ないんだろうけど、通常の飼育環境でも小麦や大麦を好きに食べさせると胃食滞……というパターンはあるらしい
標高差があるキルギスの環境だと場所によって植物がかなり異なるとかで、こういった事故は起こりやすいらしい
低地の食事にはある程度慣れさせてからでないと水は危険だ、と周りの人たちからよく言われていたよ
70 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 22:42:40 ID:Gxz
>>68
プレッソがゴルゴと化しておるwww
83 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/16(月) 07:53:12 ID:VJM
>>69
かっこいいな!!
ロシアはビザが面倒な印象あるけど、いつか行ってみたいなぁ

>>70
超強そうだから、今なら番犬として連れていけるレベルだ!w

>>74
そうそう、プレッソも大人になりやがって……

>>75
標高差に関しては現地の人たちの見解で、本質は植物が含んでる水分量の違いに集約されると思うけどなw
国ごとに発生する可能性の高い疾病が異なってるのは馬と冒険してたとき痛感した(蹄鉄が一般にそこまで広まっていなかったので、蹄鉄技師の技術が低く運動器疾患が発生し、しかも現地の獣医は原因特定ができなかった)から、気を付けないとな!

>>76
もうおれは自分のやりたいことはっきりしてるから、あとは全力で突っ走るだけなんだ

そんな物騒なボタン押すなwww
現状に耐えられなくなったら人間やめればいいだけだからw
わざわざ痛い思いして自分を殺す必要ないからw

>>77
???「すっごーーい!! ぼうけんがとくいなフレンズなんだねっ!」

>>79
その話昔ここで聞いた気がするぞ?
いつだっけ……

>>80
8月から始まる連載第一回でも触れるけど、もちろん今回のために勉強した

注射とかはキルギス渡航直前に高い金払って打ち方教えてもらって、実際受講生同士で打ち合ってみたりもした

貧乏だから高い医学書は買えないけど、日本にいる間は国会図書館とかで研究資料漁ったり、海外にいるときは日本語や英語の研究や調査をまとめたPDF集めて情報の吟味/選別してる
立場あるドクターが驚くほど分かりやすく疾病や対処法をまとめていることがよくあって、これだけでもかなり有用な資料が収集できてるとおれは思っている

動物を連れたいなら、ちゃんと守ってやれないとダメなんだよ……

>>82
へー、おもしろい!!
おれも何度も羊の屠殺したことがあるから知ってるけど、羊の胃って常に草で一杯なんだよなw
農大って一度行ってみたいなぁ!
62 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 22:06:31 ID:Gxz
プレッソちゃんは前足も太いし中型犬並みに育っていてもおかしくないと思うの。
着て早々にベロを出したままひっくり返って寝ていた大物感バリバリのプレッソちゃん懐かしいなぁ
38 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 17:03:03 ID:Qrb
>>37
大丈夫ちゃんとみれる
おしりかわいい
39 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 17:03:56 ID:Hf5
goさんやないの!本買いたかったけど近所に売って無かったから注文なうです。今回も楽しませてもらいます!
48 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 17:58:36 ID:Kan
>>43
クズやん
清水寺から落ちれば良かったのに
50 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 18:07:02 ID:OrG
サナとアカシュが紐でつながっていたのは幸運だったな
52 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 18:19:10 ID:TBP
モロッコのコーヒーキャラバン達はまだ元気?
66 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 22:23:30 ID:NN3
そんなコンボがあるのか 初めて聞いたなあ
67 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 22:24:22 ID:Gxz
>>66
猫にスルメを食わせちゃいけない的なヤツ
69 :名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日) 22:40:51 ID:bMz
昔はシベリア鉄道乗るのいたがな
71 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/15(日) 23:06:34 ID:guG
羊たちに水をやってから、バスとヒッチハイクを経て元飼い主の家まで行き、所有証明書を入手
これで今後の旅では面倒にならないだろう

牧場に戻り、アカシュ、サナと再出発!
追い立てるコツも掴めてきたし、所有証明書も入手したのでここからが本番だ

順調に進むこと数時間、大きめの町を通過している時に、羊達がいきなり商店のガラスに向かって突進し始めた
まさかそちらに行くとは思っていなかったので反応が一瞬遅れたけど、何とかガラスにぶつかる前にひき止めることができた

……なるほど、鏡に写った自分達が仲間に見えたらしい
さすがは群れで行動する動物だ

少し引き離すのに時間がかかったので、今後は鏡に用心して進まないといけないだろう

その後は特に問題なく進むことができた
羊たちの自然なペースを考えると、やはり一日20km位がちょうどいいようだ

その日、羊達は野宿予定の村で出会ったロシア人の家畜小屋に入れさせてもらい、おれは外でテントを張って野宿することになった

次の日の朝、風の音で目を覚ます
日本でいう台風のようなつよい風が吹いていて、空はどんよりと曇っていた
今日と明日は雨らしい

どしゃ降りになると遠くが見えなくなり雨宿りせざるを得ないので面倒だ
……まぁ、雨は降ってから考えようということで、アカシュとサナを連れて出発

この頃にはもう犬の散歩と大差ない感覚で羊たちを進ませることができるようになっていた
コツは可能な限りおどかさないことだ
一定のリズムを保ち、ゆっくりと羊達についていく
追い立てる必要がある場合でも口笛を吹いたり腰の辺りを優しく掴んで教えてやる

……といった感じで進むと、羊たちの動きが安定するため安全に移動することができる

ただし、唯一羊たちがイレギュラーな動きをする要因は犬だ
野良犬たちは羊を見つけると吠えまくって追いかけてくるため、その時は羊たちのコントロールが困難になる
犬に怯えて進まなくなったり、犬から逃げようとして道路の方に走り出そうとしたりしてなかなか大変だ
80 :名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月) 05:55:44 ID:fDL
>>63
この辺の知識って最初から持ってるの?
それとも今回のために勉強したの?
81 :名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月) 05:56:39 ID:fDL
羊の胃の話のことね
82 :名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月) 06:05:18 ID:BHe
農大に行くと、胃の中の状態をリアルで観察できるように
「お腹にガラス窓つけられた羊」がいるよ。
85 :名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月) 09:42:22 ID:Swm
リアルタイム初めてだからわくわく!
goさんは冒険後の相棒達の身の振り方まできちんと考えてくれるから安心して見ることができる
尊敬してます
97 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/16(月) 19:27:34 ID:VJM
>>84
ありがとう!
これからも頑張るよ!

>>85
尊敬は言い過ぎだぞw
おれそんな立派な人間ではないし、普通だからw

>>86
そうそう、固結びしか知らないと詰むw

>>87
トマトもケチャップみたいな感じじゃなくて野菜のトマトをそのまま使ってる感じでなかなかみずみずしいソースだ!

>>89
一人の人間の人生だぞ?
繋がってない方が不自然だぞw

>>90
あぁ、そうなったら助けを求めるつもりはないし、仮に求めたとしても助けなくていいよ、自業自得だから
87 :名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月) 10:39:41 ID:4EI
食事も気になるけど…トマトマスタードうまそう…
88 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/16(月) 12:11:27 ID:VJM
食卓にて、イスラム君と話し合う

イスラム君「あなたはどうして羊と徒歩で旅をしているの? どうして車を使わないの?」
これは今回の冒険では確実に毎回聞かれる質問だ

おれ「歩くとたくさんのキルギス人に会えるからだよ。優しくて素敵なキルギス人とたくさん出会いたいんだ」
イスラム君「そうなんだ……。この辺にはキルギス人いないんだけどね」

……え? いやいやいや……

おれ「え、イスラム君は外国人なの? ということはこの食事も外国の料理なのか?」
イスラム君「ウズベキスタン人だよ。 この料理もウズベキスタン料理だよ」

……なるほど、この町の妙な雰囲気、人々の妙な反応の原因はこれだ
ウズベキスタン人が移住して出来ている町らしい

ちなみに当時ウズベキスタンで暮らしていた友人によると、ウズベキスタンは非常に閉鎖的な国らしい
ドローンなどの持ち込みは完全禁止で民家に泊まるのも禁止、そしてなにより外国人の多くは内務省により定期的に盗聴されているとのことだった

ウズベキスタンの民家には内務省の盗聴器が仕掛けられている……というと、なんたか現実離れしている話だ
しかし実際、ウズベキスタンで暮らす日本人が集まって飲み会をしていた際に、政治批判的な集会が行われていると見なされて役人が家を訪ねてきたこともあるらしい
一応良心というかなんというか、盗聴が始まる直前にはビープ音がなるので分かるらしいが、それにしてもなかなか独裁的なシステムだ
……というか、男女が情熱をぶつけ合ってる時に盗聴が始まったらどうするんだろうか、いきなり押し黙るんだろうか……いや、考えるのはやめよう
91 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/16(月) 13:11:16 ID:VJM
そして食事後、改めて羊達の安全な寝床を探すもなかなか見つからず
雨も強くて寒い中、ずぶ濡れになりながら町を歩き回る
この辺りの一般家庭では羊を嫌っているようだから、外から見て草の備蓄がある(=家のどこかで家畜を飼っている)家庭を探さないといけない

探すこと数十分、辺りが暗くなり始めた頃、西安から移住したシャミンという中国人と出会い、羊を置かせてもらえることになった
ついでにおれも屋内で寝ていいということだったが、その前についてこいと言われ、車に乗って移動

そして到着した店は、なんと温水シャワーが浴びられる店だった
家に上がる前に体を綺麗にしろということみたいだけど、ありがた過ぎる!
キルギスの一般家庭には、温水シャワーはもちろんのこと、シャワーや風呂自体が存在しない
トイレも穴を掘って作っただけのもので、当然水洗ではない

そんな国で、この温水シャワーと出会えたというのはかなり幸運なことだった

こんな店は一般的なキルギスの町にはないが(お湯使い放題のサウナ的なのはある)、外国人の町だからこそこんな店があるということだろう
そして、温水シャワーを堪能してからシャミンに連れられモスクへ
友人たちにおれを紹介したいとのことだった

モスク内にある小部屋にて、民族的な服をまとったイスラム教徒たちに囲まれ、質問をうける
エジプトやモロッコでの経験があるので、おれにとってはモスクはとても落ち着く場所となっていた
これまで数えきれない程助けられてきた経験から、周りのイスラム教徒の人たちともリラックスして話をすることができた

そしてその後、また車でシャミンの家へ行き、就寝

やはり、毎回羊の寝床を探さないといけないのはなかなか大変そうだ
今日はなんとかなったが、さて、今後はどうなるだろうか……
92 :名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月) 13:57:28 ID:bUD
一日出遅れたけどリアルタイムを待ってました!
プレッソォめちゃカッコイイ犬になりましたね!飼い主にとってはさぞかし自慢の犬だろうな
書籍には無かったけどラテにシャーッされ壁の隅に顔を隠した赤ちゃんプレッソが可愛かったなぁ 懐かしい
また豪さんの新たな冒険でそれぞれの国事情と自然と動物がリアルに学べ楽しみです(新しい書籍化も待ってます)
106 :名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月) 22:34:56 ID:5Cr
アカシュ・・・ 
107 :mkhbk 2018/07/17(火) 00:17:03 ID:FHz
>ロバを買って小さな荷車に、、、
ロバ使いになっていることに、何も疑念を抱かせないGOさんww
110 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 14:54:39 ID:G8I
アカシュとサナの性別はどっちなんですか?妊娠出産も有り得るのかな?
111 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 15:34:15 ID:QK5
初リアタイ間に合ったー!
  
もともとまとめ読んでたけど、本もとっても良かった!
ウチの小学生がもう少し成長したら読ませたい本だよ
こっちまで冒険の旅に出たくなる
自分はインドア派だけど、今年は子供達とオートキャンプ泊しながら色々なとこに行くことにしたよ
良い影響受けた、ありがとう
113 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 20:40:01 ID:kdk
うお!リアルタイムだ!
初めまして豪さん!
動物の命をを大切にする姿勢に感銘を受けました!
応援してます!!
119 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/17(火) 21:32:26 ID:xKx
>>113
はじめまして!
多分、目の前に苦しんでいる動物がいたら誰でも命大切にすると思うぞ?w

>>115
確かイチゴと、マーマレードっぽい味の果実の二つだったと思う
ごめん、日記に書かれてねぇwww

>>116
明日か明後日書き終わる予定だ!

>>117
旦那らしき人はいなかった
闇深い
115 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 20:49:18 ID:QVi
何ジャムなんだろう?普通にイチゴなのか
114 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/17(火) 20:47:09 ID:xKx
次の日の早朝、おれは羊たちと再出発した

ここから次の村への距離は26kmほどあるので、羊達に安全な場所を確保してやるにはかなり歩かないといけないだろう

さすがに朝はそろそろ寒く、吐く息が白い
羊達の息も白く、呼吸数の確認がしやすくて助かった
羊達のシンクロした動きも相変わらずで、見慣れてきた
トイレ(小)のタイミングまで同じなので、尿の色や回数などの健康チェックが同時に出来る


この日の朝は特に寒かったので、ときどき羊の腰の辺りに手を置いて動かして暖を取ろうとした
手が触れている間は羊毛の摩擦熱でかなり温かいが、触ると羊たちはすぐに逃げてしまう
なんだか嫌われているようでちょっと悲しい


休憩を挟みつつ羊達と歩いたりジョギングしたりして、夕方目的地に到着

ウスタムという男の家に泊まることになったが、羊を置かせてもらう事ができなかったので、
羊たちだけはすぐ近くのアリーナという女性の家に置かせてもらうことになった

アリーナはたくさんの子どもがいる、少しいかつい雰囲気の女性だった
表現が古いかもしれないが、ヤンママ的な感じだ
アリーナも子供達も常にスウェット姿で、ふわふわのキャラクタースリッパを愛用している
……なんだろう、この感じ
おれとしてはすごく落ち着くが、全くキルギスっぽくなくて、むしろ日本っぽい感じがする
県民性というかなんというか、そういったものがキルギスにもあるようで、この辺りは少しだけ治安が悪そうだ

このアリーナ、かなりいい人で、「この先は危ない奴とかもいるから、車でトロク村まで行ったら?」と言ってくれた
歩いて行くときっぱり言うのは心苦しいが、そもそもこんなところで被害に遭うようじゃ、最終目的であるサハラ砂漠横断なんて永遠にできないだろう
例えばコチコルからトロク村までの40kmほどの区間はセキルで2度通っているから車でのショートカットもありだろうけど、ここではダメだ
ごめん、おれは歩いて行くよとアリーナに伝えた

アリーナは納得してくれたとは言いがたいが、今後の食事が豊かになるようにとジャムをくれた
モロッコの時もそうだったが、道中は主食がパンになるので、パンにつける系の保存食はめちゃくちゃ有難いアイテムだ

その後、ウスタムの家へ行き、就寝
116 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 20:55:19 ID:EsM
まーだやってんのか
清水寺から飛び降りたか?
118 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/17(火) 21:25:32 ID:xKx
次の日は、特に何事もなく過ぎ去った

夕方、「うちに泊まりにこないか?」といいつつ2000ソム(ホテルの相場ですら数百ソム)を要求する男の車にしばらく付きまとわれてかなり面倒な思いをしたが、それ以外は概ね平和な日だった

暗くなる直前、アリという男と出会い、家に泊まらせてもらうことになった
この辺りは野生のオオカミが多いらしく、アリは羊小屋の前に番犬を置いてくれることになった

番犬はかなり大きな犬で、口に被せ物をしていた
アリは羊小屋の前へ行き、太い鎖と杭で犬を繋いでから、慎重に口の被せ物を外し……外した瞬間全力で走ってこちらへ戻ってきた
犬は威嚇して吠えながらアリを追いかけたが、鎖の長さの限界がきたため悔しそうに立ち止まる

www
それ、ほんとに飼ってる犬なのか……?
明日の朝、犬を戻すときはどうするんだろうか……

まぁ、この犬ならオオカミにも勝てそうだ


そして次の日、出発後、途中の村でアブドゥルという男と出会う

彼は「いい人オーラ」(たまにいる、めちゃくちゃ協力的な人だ。なんとなく分かるようになった)をまとっていて、昼食に誘ってくれたのでついていくことにした
美味しい昼食の後、おれが今晩寝る予定の村について話すと、アブドゥルはその村にいる親友を紹介してくれると言った
これで今日の寝る場所は大丈夫だろう
そう考えたおれは、アブドゥルと別れた後も上機嫌で歩いていたが、残念ながらそううまくはいかなかった

実は昨日あたりから、アカシュの躓く回数が少し多いのが気になっていたが、足を見ても問題なかったので気にせず歩くことにしていた
そしてこの日の昼過ぎ、アカシュが時々ではあるが右後ろ足を痛そうにし始めたので、再度足を詳しく確認してみることにした
この前紐がきつかったときは右前足を痛そうにしていたが、今回は右後ろ足だ
前回とは別の原因である可能性が高い

アカシュの右後ろ足をよく見てみると、その足の蹄だけが明らかにすり減っていて、微量ながらも血がにじんでいるのが分かった

これは……おそらく腐蹄症だ
もっと酷い状態の写真しか見たことが無いので絶対ではなかったが、みたところ蹄が細菌に感染してしまっているようだった
早急に治療する必要がある

ひとまず患部をきれいにし、抗生物質軟膏を塗布して応急処置をした
もちろん、腐蹄症ならこの程度では処置が不十分だ
手持ちの薬だけでは満足に治療ができなかったので、おれは一旦冒険を中断することにした

冒険を中断するのはとても嫌だが、この腐蹄症は感染症なので、このまま冒険を続行すると、サナにも感染してしまう可能性は非常に高かった
何より、痛がっているアカシュを無理に歩かせるわけにはいかない
120 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 21:36:31 ID:nMv
腐蹄症が原因だったのか
125 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/17(火) 22:21:19 ID:xKx
>>120
見た目では分からなかったけど、けっこう早い段階で感染はしてたんだろうな……

>>121
まさにそれw

>>123
www
飲むにしても一口でいいわこれはw
のど焼けるし

>>124
そうそう、食事にも影響出て痩せちゃったりもするし、跛行ってバカにできないんだよなぁ……

正直一回だけ味見したw
まずかったwww
121 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 21:54:32 ID:ax5
アリーナ…ドンキ前でたむろしてそうなイメージ…

動物が痛そうにしてるのは辛いね
127 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 23:56:08 ID:5QX
シロ待ってたよー!
可愛いなぁ〜〜
143 :名無しさん@おーぷん 2018/07/18(水) 23:16:05 ID:hiM
油断できんな動物は
144 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/18(水) 23:17:00 ID:jv1
さて、そしてまた日は昇り、おれは動物たちと出発した

今日は地図上に村などが表示されていない区間を歩くので、野宿かもしれない

そういえば昨日から思っていたが、やはりシロがいると羊たちをコントロールしやすい
構図としては、道路側からおれ、アカシュ、サナ、シロと横並びに進むことで、羊たちをまっすぐ進ませることができた

シロがいなかったときは、サナが食べ物を探して道から逸れてしまう度にサナの横まで回り込んで軌道修正を行う必要があったが、シロがいるお陰でその頻度は明らかに減っているといえた
ただし、シロが前に行きすぎると羊達が道路側に歩きだしてしまうので注意が必要だ
シロ側からかけるプレッシャーと、おれ側からかけるプレッシャー
これらが同程度でないと、羊たちはまっすぐ歩いてくれない
これはこれで大変だけど、シロに指示を出すだけでもある程度調節出来るのでかなり楽になったのは間違いない

さて、休憩を挟みつつ、歩くこと4時間
地図上に町や家などが一切書かれていないにも関わらず、おれの目の前には集落があった
地図にも載っていない集落
地図の精度が高まっている昨今、なかなか出会わない存在だ

明日到着する予定の町へはまだかなり距離があるが、この先は山道になっていて集落はないだろうから、これを逃したら今晩は野宿確定だろう

今回の冒険では、羊たちの安全確保が最優先だ
コンセプトは「羊飼い」なので、獰猛なオオカミたちから羊たちを守ってやらないといけない
そう考え、この集落のどこかの家の家畜小屋に羊たちを入れさせてもらうことにした
特にこの辺りにはかなりたくさんのオオカミがいるらしいので、かなり気を付けて安全に進まなければならないだろう

さて、なんとなく目についた家を訪問
そして、家の人々に温かく歓迎され、その日はその家で一泊することになった

……おれがこの日にこの家を訪れたのは、今思えば何らかの力が働いてのことだったのかもしれない

その家には、おれと年の近いアフマット(仮名)、アルトゥンベック(仮名)という兄弟とその両親、そしてアルトゥンベックの妻であるファリーダ(仮名)がいた

ファリーダは、頭に純白のスカーフをかぶった、驚くほどに美しい女性だった……

【後編へつづく】
147 :名無しさん@おーぷん 2018/07/18(水) 23:28:50 ID:jpH
ああ例のアレか…?

シロは有能だね
最初あんなグッタリしてたのに元気に走る姿見て嬉しくなったよ
150 :mkhbk 2018/07/19(木) 00:16:32 ID:49C
アカシュ、サナ、シロと並走するGOさんは、脚のトラブルは無いようだけど、靴とか歩き方に工夫があるんですか?

8月まで、、、仕事頑張るかぁー
153 :名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木) 09:52:01 ID:cDQ
シロ、以前は牧畜犬の訓練を受けたことがあったのかな?
写真や動画からGoさんへの信頼や愛情があることがよく分かりますね
とってもいい顔をしています!
163 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/19(木) 18:11:44 ID:9zB
>>152
8月には連載も始まるから楽しみにしといてくれ!!

>>153
牛だけ反応すごいするから、その可能性はあると思うw
出生不明だから、実際のところはシロ本人しか知らないだろうけどなw

>>154
冒険に付き合ってもらってる訳だから、少しでもシロのその後がいい環境になるよう頑張るんだぜ!

>>155
それ

>>156
スレ終わったの昨日の夜なのに、もうまとめられてるとか早すぎw

>>157,>>158
おれクレイジーでもレアでもないけど出ていいのか?

>>159
後編はのほほんと見れる場面あんまりないけど、楽しみにしていてくれ!

>>160
ありがとう!
これからも冒険だらけの人生なんだぜ!
157 :名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木) 14:10:40 ID:zdx
待ってました!!!シロが見れてほっこりした…
あと、激レアさんを連れてきたってテレビ番組に
豪さんがいつ出演するかだけが楽しみで仕方ないww
あなたが出なくて誰が出るんだ!とかなり前から思ってる
155 :名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木) 11:08:26 ID:T53
シロかわいスグル
158 :名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木) 15:01:25 ID:BR6
私はクレイジージャーニーを期待してしまうw
159 :名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木) 15:55:13 ID:SSZ
8月の楽しみができた
160 :名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木) 16:03:04 ID:Poz
豪さんやん!
毎回楽しみにしてますー!
161 :名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木) 16:49:56 ID:dDx
「冒険」をスポンサーをと言うか金を集める為の手段にしてしまった人よりも、
こういう人をこそ冒険家と呼びたい。
164 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/19(木) 18:21:05 ID:9zB
>>161
おれビビりだから、何千万円とか何億円っていう金を集めるような冒険はやらないだろうなw
「スポンサーにやらされてて引き返せない」みたいな状況になるのはまずいし、スポンサーの影響で自由に探求活動ができなくなるのも嫌だし

数十万円で達成できる冒険、っていうのもそれはそれで、価値とか夢とかあると思うんだ

>>162
アニメーションGIFだと簡単に作れるしアップロードしやすいしで捗ったw
ありがとう、たくさんの人が楽しみにしていてくれて嬉しいよ!
162 :名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木) 17:54:42 ID:vjE
動画かわいくて何度も見てしまいます
後編も楽しみにしています!

不思議ネットさんのまとめのおかげで素敵な冒険に出会えました!ありがとうございます!
167 :名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木) 18:48:55 ID:0UD
そういえばもし不思議ネットがGOの旅スレ見つけてなかったらどうなってたんだろ?
本は出てたんかな?カメ五郎とかの対談とかあったのかな?
ロバのやつもピグミーのやつもスレが終わってからずっとまとめられてなかったし
そういう事考えてると不思議な運のようなものを感じるww
169 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/19(木) 19:43:41 ID:LSf
>>165
そうだな……
やっぱりおれはラクダが好きだけど、それ以外だとトナカイとかネコ科の動物と冒険できるといいな……
あとはオウムやインコ系も外せないなぁ!

>>166
ありがとう!!
質問とかアドバイスとかあればぜひ教えてくれ!!

>>167
ほんと、運が良かった!
まとめサイトの管理人さんには超感謝だな!!

>>168
なんでだよwww
子どもウケするなら大歓迎だけど、今の子たちってドレミの歌知ってるんだろうか……
168 :なおと 2018/07/19(木) 19:05:26 ID:GHC
追い付いたぁモカやラテたちの旅から色々読んでここに来ました押し付けがましいですがドキュメント番組になりそうなのでテーマソングを決めて良いなら
ドレミファロンドでお願いしたいです
170 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/19(木) 20:10:58 ID:9zB
>>168
あ、ドレミの歌じゃなくて、けもフレカバーもあるやつかw
超いい曲だなこれw
がおーーー!!!
104 :名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月) 22:25:22 ID:ull
やったー!リアルタイム!シロイヌが気になって気になってもう、、、
そして横浜川崎あたりでサイン会やってほしいなぁ。応援してますー!
105 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/16(月) 22:32:11 ID:VJM
さて、今回の第一目的地がなぜトロク村かという点については、理由が複数ある
そのうちの一つとして、トロク村はおれの羊達が唯一生き延びられる道だ、というものがある

トロク村のチョルポンおばさん(馬と冒険していたときに散々世話になった、優しいおばさん)は、「Goが連れて来るなら『繁殖用に』羊を買い取りたい」と言っていて、殺さないと約束してくれている
まぁチョルポンおばさんには世話になってるし、タダであげるつもりだ
チョルポンおばさんならタダであげても大事にしてくれるだろうし、おれの帰国後もメッセージアプリを通じて写真などをくれるだろう

今回の冒険はメインの目的が別にあるため、トロク村はゴールではなく通過点だが、少なくともトロク村まで行けばこの羊達は今後殺されずに生きていくことが出来る
これはかなり破格の待遇だ

それを踏まえた上で、明日になってもアカシュの足がよくない場合、おれがとるべき選択は以下のどれかになるだろう

?アカシュとここで別れ、別の羊を買い(サナは別の羊がいないと動かないため)冒険続行
これだとアカシュは確実に死ぬが、逆に新しく仲間に引き入れた羊の命が助かることになる

?車に2匹を乗せてトロク村まで行く
一見これがよさそうに思えるが、車で運ぶとなると羊の足を交差させて縛り、横倒しにしてトランクに入れて運ぶため、長距離だと不安が残る。最悪2匹とも衰弱して問題が生じる可能性もある

?ロバを買って小さな荷車にアカシュを乗せて旅を続ける
楽しそうだけど、ちょっと大がかりだ。今回は時間も限られているし、一旦広げた風呂敷を畳むのは大変だ

……さて、どうするべきか

そんなことを考えているうちに、夕方になった
アカシュは改善の兆しがなく、なんなら悪化しているようにも見える
時折右前足を痛そうに上げていた
108 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 00:54:46 ID:N4r
>>105
ロバへの違和感なかったー!w 同じ星の空の下で今も腰振ってる安心と信頼の変態ロバ!
112 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/17(火) 19:17:53 ID:xKx
>>102
まじか、その羊たちよく暴れなかったなw
教えてくれてありがとう!!

>>104
じゅ……需要が……www

>>106
この時は結局大丈夫だった!

>>107,>>108
すでに1000km以上ロバと野宿旅してるし、さすがに楽勝だなw

>>110
忘れてた!!
両方メスだ!
オス2匹だと喧嘩するし、オスメス1匹ずつだと冒険中に妊娠したら大変だしw

>>111
まじか、ありがとう!
そう言ってもらえておれも嬉しいよ!
142 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/18(水) 22:51:22 ID:jv1
おれは全力疾走し、アカシュの前に回り込もうとする
まわ、回り込もうと……てか、アカシュ、早www

アカシュは美しいフォームで大地を駆け、結局500m先の羊の群れに合流した
この時点でおれは、全力疾走しっぱなしでクタクタだ

お前、ほんとに最近まで蹄痛めてたのかよ……

ちなみにサナは拘束状態で、荷物番はシロがやってくれている
さすがにこの状態では戻れないので盗られないよう祈るしかない……
まぁ、キルギスでは泥棒の話はあまり聞かないので、十中八九は大丈夫だろう


さて、しばらく群れの中に混じっていたアカシュだったが、何を思ったのか群れから出て、さらに遠くの方へ走り出した

う、嘘だ……

……ほんと、元気だな、アカシュは
何キロ先まで行くつもりなんだ?
おれは、目の前に地獄が見えてきた気がするぞ……

これを止められなかったら、アカシュを見失うだろうし、本気で面倒なことになるだろう……

その後、おれはさらに全力疾走し、時間をかけてなんとか先程の羊の群れまでアカシュを戻らせることに成功した
そして、この時は羊番のおじさんがいたので、おじさんと協力してなんとかアカシュを捕獲することができた

喉に血の味が広がっていたが、結果オーライだ……!
ぜいぜい言いながら、アカシュの背中を握力を絞り出して掴み(気を抜くとすぐに逃げられる。特にアカシュはかなり力が強い)、少しずつ元の場所へ戻らせる

拘束具の改善が必要だ……

結局、この騒動で1時間ほど時間を食ってしまったので、目的の村についたのは辺りが暗くなり始めたころだった
……やばい、早く安全な場所を見つけないと

そう考え、とりあえず近くにいた夫婦とおぼしきおじさんとおばさんに話しかける
羊の群れもいたので、羊達が寝る場所はあるだろう

おじさんの方はノーランといったが、すでにべろべろに酔っぱらっていて、なにも聞かずに「さぁ、羊小屋へ」とアカシュたちを導いてくれた
……これはラッキーなパターンだ
多分ノーランがシラフだったらこうスムーズに話は進まなかっただろう
羊たちの安全な寝床を即見つけることが出来た

アカシュとサナを羊小屋へ入れ、シロも鍵つきの小屋に入っていてもらうことになり、その日はノーランの家に泊まらせてもらった
126 :1◆0sA8GVLJwJ07 2018/07/17(火) 23:52:21 ID:xKx
そして辺りが暗くなる頃、羊たちと共にトロク村へ到着
車を降りて少し歩くと、見慣れたチョルポンおばさんの家が見えてきた

あぁ、ようやく帰ってきた……とおれが思ったその時、家の陰から飛び出してきてすごい勢いでおれの方へ向かってくる奴がいた


……匂いだろうか

暗くて姿も見えないだろうに、お前、来るの早すぎるだろ……!!


おれは感極まって、走り寄ってきたそいつを抱きしめる

今回、羊飼いがコンセプトの冒険をキルギスで行うことにしたのはこいつを連れる為だ
羊飼いが扱う動物というのは、羊や山羊だけではない

優秀な羊飼いになるには、羊たちを誘導してくれる有能な相棒が一緒でなくてはならない
そう、おれの羊飼いとしての冒険には、牧羊犬が必要不可欠なんだ


おれ「元気だったかっ!!
ていうか、ちょっと太ったな! ほんと、良かったっ!!



シロ!!!」
128 :名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火) 23:56:43 ID:ax5
シロ〜〜〜!!!立派になってまあ!